「怪奇映画」と「黒海の有毒プランクトン」〜JAUW国際奨学金受賞研究テーマ

怪奇映画は、怖いから観たくな〜い。と、思っていましたが、今回の研究発表をきいて俄然興味をもちました。フィンランドのレーナさんの日本の怪奇映画における「変身」と「変心」によれば、日本怪奇映画から現代の病理、社会現象、文化、しいては、家族の問題が浮き彫りになってくるということでした。怪獣というと、人間とは別の物体という感はありますが、妖怪は、それこそ人間はなにかの悲しい、恨みで妖怪になってでてくるとか。人間関係の心の複雑さが怪奇となってでてくるような感じがします。会場からの意見で「化けてでる」これって、確かに日本で普通にいわれている言葉ですね。これに会場の皆さんが納得。

e0070152_22433429.jpg


ブルガリアのニーナさんが、黒海の有毒プランクトンの発見、研究のために水産総合研究センターで研究をしています。なぜ、日本なのかと疑問におもっていたら、日本はブランクトン被害が年間70億円もあり、かなり研究が進んでいるそうです。ブルガリアでは、プランクトンの分析には顕微鏡でみているそうですが、これでは、詳細が確認できないそうです。そこで、日本で行っている、遺伝子分析をとりいれることが、より明確に分析ができるようになるから、これを取り入れていきたいそうです。志に乾杯です!

e0070152_22464023.jpg

[PR]
# by izumi-yworld | 2016-02-11 14:14 | 活動

要望書提出

前法務大臣、上川陽子氏に要望書2通を手渡しました。(1.30)

(一社)大学女性協会静岡支部として、前法務大臣、上川陽子氏に要望書2通を手渡しました。昨年開催したシンポジウム「女性の自立」にて、浮き彫りになった課題、養育費と女性の政治参画の2つを提出しました。この際、法務大臣時代の数々の出来事を聞く事ができ、あらためて、女性が政治の世界にはいっていくことが大切だと思いました。命を大切にする。人を大切にすることはどのようなことなのか。女性(性)のもつ感性と理性が政治の世界に浸透していく事大事。


「養育費支払いに強制力をもたせ、国が支払いを確保する要望書」
1.養育費の支払いに強制力を持たせること

離婚届に養育費の項目が入ったとはいえ、強制力がないので話し合いも取り決めもなく離婚する夫婦がまだまだ多い。

2.養育費の支払いの確保を国がすること

調停離婚成立時の成立調書を基に履行勧告や強制執行ができ、将来の養育費の確保についても以前より容易になったが、まだまだ手続きが煩雑で、十分機能していない。


クオータ制を推進する会が全国に呼びかけています。こちらにも賛同する形としました。
                    
 「超党派議員連盟による【政治分野における男女共同参画推進法案(仮称)】及び【公職選挙法一部改正案】の次期国会への提出・成立を要請いたします。」

e0070152_2239472.png



 (一社)大学女性協会は、1946年に、女性の高等教育の向上と地位向上を目標として、創設されました。現在は、全国25支部あり、61カ国が加盟する大卒女性インターナショナル(GWI)に加盟をし、男女共同参画社会の推進と国際協力と世界平和を目指して活動をしている団体です。
[PR]
# by izumi-yworld | 2016-02-11 14:13 | 政治

富士錦酒造見学

富士山の麓に位置する酒蔵「富士錦」さんにお邪魔しました。元禄年間、江戸時代からまもりつづけられている酒蔵です。もとは地主で小作人から納めれた米で清酒をつくりはじめたのがきっかけだそうです。現在ある蔵は耐震のため、建て替えを検討したそうですが、そうすることによって、その蔵に何十年も住み着いた菌が死んでしまい、酒の味に影響がでてくるので、建て替えはやめて、大事に蔵をつかっているそうです。お酒が一番美味しい時期「大寒」をめざしつくられたしぼりたて原酒はのどごしよく味もよく、本当においしかったです。毎年、できは違うそうですから、毎年、飲み比べして日本酒を楽しみたくなりました。

http://www.fujinishiki.com/page/item/index.html
富士錦さん 蔵開きは3月20日です。

知り合いの方が、富士宮市さんにある3つ酒蔵はいいお酒をつくるとおっしゃっていました。富士方面にお越しの際は、酒蔵めぐりもどうぞ!
e0070152_2233323.jpg

e0070152_22371669.jpg

[PR]
# by izumi-yworld | 2016-02-11 14:11 | 活動

平太さんと語ろう

県知事と市内の方々との意見交換を聞きました。仕事やボランティア活動を通してみえてくる町の良さと課題をたっぶりと聞きました。県知事も県職員を連れてきて、できることはやる!皆様方の活動はすばらしい!と、はぎれよくあっという間の時間でした。東京オリンピックに時期にむけて、富士山こどのも国でのアートオリンピックの開催を確実なものにしてほしいです!(1.18)

e0070152_2227332.jpg

[PR]
# by izumi-yworld | 2016-02-11 14:09 | 政治

気になる安保法制と今後の課題&日本の国防

講師に柳沢協二氏(元内閣官房副長官補)の講演をききました。戦争をしてよい。戦争をしなくてはいけない。と、いう戦争を正当化することはこの世にないと思います。日本は70年間一人も殺していない。これが日本ブランドとおっしゃっていました。これからも続きますように。(1.16)

戦争法の廃止を求める統一署名がつづいています。

e0070152_2222888.jpg

[PR]
# by izumi-yworld | 2016-02-11 14:08 | 政治

どんどん焼き2016

今年は他の地域からの参加者がいました。神事を行い、どんどん焼きをする行事にとても感動していました。今までこのようなどんどん焼きの行事はみたことなかったとか。来年は富士市今泉にあります、日吉浅間神社へどうぞ。(1.11)

e0070152_221744.jpg

[PR]
# by izumi-yworld | 2016-02-11 14:06 | 活動

出初め式&成人式2016

今年は、富士山も大きくお目見え。出初め式、新成人の皆さんにとって祝福の日でした。
e0070152_232491.jpg


成人式では中学時代、お世話になった先生方からのお祝いビデオが、会場でかなりうけていました。生徒たちに人気だった先生たちとの想い出は、20歳になった今年も、これからもきっといきていくでしょう。先生たちのたどたどしい芸が微笑ましかったです。
[PR]
# by izumi-yworld | 2016-01-13 23:06 | 議員生活

若干14才の前田健志さんの詩吟と尺八演奏のすごみ〜ランブル新年会

ランブル俳句結社の今年の新年会は、若干14才の前田健志さんの詩吟と尺八演奏で非常に深みのある会となりました。3歳から詩吟の門をたたいたそうです。一言発声した瞬間に、前田さんのすごみに圧倒されました。鑑賞する人のなかでは、涙しながら聴いていた人たちがいたそうです。普通に話す声は、子供の声だけれども詩吟になると、がらっと変わり、私たちを芸の世界に巻き込みます。尺八での伝統曲からルパン三世のテーマまで幅広く、今後が楽しみというよりは、すでに前田健志の世界があってただただあっぱれでした。今後は留学予定をしており、世界の人々に伝統芸能を広めていいきたいとのこと。心の底から応援していきます!!

e0070152_1146389.jpg

e0070152_11472479.jpg


ランブルは上田日差子先生の下、言葉に造詣の深い人たちが多く集まる俳句結社です。偶然入会した会ですが、この会の俳句の品格の高さに、ありがたく皆さんに一歩でも近づきたいそんな気持ちです。今年はよい句がかけますように☆

e0070152_11485124.jpg

e0070152_11491594.png

[PR]
# by izumi-yworld | 2016-01-11 11:50 | 文化・芸術

あけましておめでとうございます 2016

あけましておめでとうございます。

大晦日に父親が頭から血を大量に流し玄関に倒れており、年明けは心騒がしくスタートしました。運良く、父親は私の運動シューズの上から頭を打ったらしく、大事にはいたりませんでした。病院で看護師さんたちに相手をしてもらって、嬉しそうにしています。母親も高齢でもあり、また、夫婦で意思疎通のできない親なので、こういうときは、精神的に大変です。看病+愚痴音バレードの聞き役は、毎日汚物を投げられているような気持ちになります。過去2年のうちに3回は入院し、同じような状況で大変な数ヶ月でしたが、年を迎える時に、このような事態になると、新年にむけての希望や活力がそがれるような気持ちになってしまいます。が、・・・・・・・・・・なんでもかんでもかかってこい!!と、気を取り直して、家を綺麗に保ち、市政に邁進していきます。政治を考えると、やはり、俄然やる気がでてきます!!富士市は市制施行50周年の節目の年、皆様にとっても富士市はどんな街なのか、どのような街だともっと気持ちがよくなるのか、声を聞かせてください。

本年もよろしくお願いいたします。

e0070152_1962950.jpg

[PR]
# by izumi-yworld | 2016-01-05 19:07 | 議員生活

女性の政治参画

今年は静岡県で自分の団体(大学女性協会)を含めて、女性の政治参画の大切さを認識する講座に3つ出席しました。政治は私たち生活すべてを扱うものですから、その政策決定の場に男性も女性も等しくいることが本当に大事だと思います。日本は衆議院における女性議員比率が9.5%と、世界190か国中155位のきわめて低い状況にあります。女性が参政権を得て70年たちますが、政治分野での女性の活躍はまだまだの状態です。

日本では、クオータ制を推進する会(Qの会)も発足されています。http://blog.goo.ne.jp/winwin-org/c/cb93996f5f7d0d119dfac98c13bc6351

e0070152_18194968.png

e0070152_1820333.jpg

e0070152_18204933.jpg

[PR]
# by izumi-yworld | 2015-12-31 18:21 | 活動