<   2015年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

T-1グランプリ〜お茶

11月28日は環境フェアがふじさんメッセ(10:00〜15:30)で開催されました。その中でこどもたちが美味しくお茶をいれる。お茶の種類をあてるなど、どれだけお茶のこと知っていて、おいしくお茶をいれられるのか競いあう「T−1グランプリ」が開催。

Tー1グランプリでは、子どもたちが美味しいお茶をいれてくれました!実技のときは緊張してお茶をいれていた子も、一般の人にお茶のサービスには、手慣れてものでした。来場した幼児から大人まで、「おいし〜」って喜んでいました。子どもの時から急須で淹れたお茶を飲んで、本物の茶の味、風味を身体で覚えてほしい!!一緒にボランティアをしていた人たちは気のいい人たちばかりで、茶の話しをしたり、こちらも楽しいひと時でした。来年のTー1グランプリに多くの参加をお待ちしています!!
ちなみに私、日本茶アドバイザーは審査員として緊張をさせていただきました♡
e0070152_1924263.jpg

e0070152_1927877.jpg
e0070152_19262515.jpg
e0070152_19253724.jpg
e0070152_19244835.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2015-11-28 19:28 | 市政

映画:みんなの学校

大阪市立大空小学校のドキュメンタリー映画 「みんなの学校」鑑賞と前校長木村泰子さんの講演をききました。こういう先生の下で勉強したいし、一緒に働いてみたい。
学校の唯一のきまり「自分はしてほしくないことは人にしない。いわない」
大人(先生)が子どもの前で、対等であること。
目の前の子が何をのぞんでいるのか。ほしいのか。そこに集中をする。
後日、木村さんの本も読みましたが、20代から教育方針にぶれはなくこういう方が学校を創造していくのですね。恩師との出会いと母親の教え(生き方)が土台となっていて、人に大切にされ、感動して、だから明るく強くいけるのかな。話しも大阪弁なので、よけいはぎれがよくていいわ〜。
富士市にもお呼びしたい人です。映画「みんなの学校」上映と木村さんの講演を一緒に富士市に!
http://minna-movie.com/intro.php

e0070152_22594650.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2015-11-26 22:57

クスノキ伐採の神事

今朝、東泉院日吉浅間神社の鎮守の森のクスノキに感謝をこめて神事がおこなわれました。少々枯れてきた箇所を伐採しなければならなくなったのです。祈祷のあと、木のまわりに塩をふりまきました。このクスノキは子どもの頃からお気に入りの木です。これからも長く長く鎮守でいて欲しいです。(11・26)

e0070152_22541759.jpg

e0070152_22562276.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2015-11-26 22:56 | 活動

第5回 富士市 富士山武道演武会

「道を極める」
音をたてずに、我の呼吸とともに、所作とともに。
気合い、声だしとともに。
相手の動作とともに。

その道は、
礼節・修練・人間形成・自己と他人の幸せ・世界人として・自他共栄へとつながっています。今日は8つの演武に釘付けになって観てきました。子どもから大人まで日々練習を重ねている様子が伺えました。

武道があるかぎり、人は他者と争わない。と、思う一日でした。

e0070152_21194997.jpg


弓道・剣道・少林寺拳法・なぎなた・スポーツチャンバラ・空手道・合気道・柔道
[PR]
by izumi-yworld | 2015-11-21 21:21 | 議員生活

里親

里親の存在がかなり近くなったのはアメリカに留学をしている時です。クラスメイトには必ず何人か里親の元で育った子がいました。また、白人の両親に中国系の顔をした子など、一目でみて血のつながりのないファミリーをみかけました。そして、大学院の助手(MSU子ども発達研究所)をしているとき、幼児の家庭訪問にいく機会がありました。そこはレズビアンカップルでロシアから養子縁組をした女の子を育てていました。子どもが欲しいカップルが子を持ち育てることができる。望まれ育てられた子が成長をしていく。里親っていいものだと感じたものでした。日本の自分の家の近くには養護施設があって、子どもの頃、大人になったらその施設に暮らしている子たちに何かしたい。そんな子ども心がありました。ですから、30代半ばぐらいから機会があれば里親になってもいいなあと思っています。血のつながりがあろうとなかろうと親として子を育てる気持ち(愛情)と生活力があればよいと思う。里子にとっては、もし、実の親に会いたいのであれば、そこは風とおしよくしておくことは大切。

先日、里親フォーラムで話しを聞きました。日本では養子縁組を目的とせずに、要保護児童を預かって養育する里親になる養育里親が多いそうです。里親に興味のあるかた。里親制度を知りたい方。下記をご覧ください。

ふじ虹の会
http://www.geocities.jp/fujinijinokai/index.html
全国里親会
http://www.zensato.or.jp/satooya/s_kind.html

e0070152_053465.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2015-11-21 00:06 | FamilyLifeEducation

「被爆二世アオギリの苗木」植樹記念

富士市核兵器廃絶平和都市宣言30周年記念事業
「被爆二世アオギリの苗木」植樹記念2015年11月19日 
 米の宮公園「ぐるん・ぱ・よねのみや」

30年前の11月19日、富士市は核兵器廃絶平和都市宣言をしました。今日は、30周年を記念して、米の宮公園で「被爆二世アオギリの苗木」の植樹が行われました。このアオギリは、広島被爆地の近い場所で、焼け焦げた幹から再び芽がでたものだそうです。
e0070152_23281014.jpg

e0070152_2328414.jpg


また、この公園には長崎で被爆したくすの木もあります。
e0070152_23311879.jpg


そして、日本のこ民生児童委員制度の基礎を作った、笠井信一(1864-1929年)の顕彰碑もあります。
e0070152_23323732.jpg


あらためて、平和を希求し、活動をしていきたいと思いました。広島、長崎、そして富士市から平和の心を発信していきましょう。アオギリに土をかぶせるおちびちゃんたち、とっても可愛かったあ。やさしい空気がながれるこの地ですくすく育って欲しいです。

e0070152_23332486.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2015-11-19 23:34 | 市政

富士市議会報告会

6つのまちづくりセンターと消防防災庁舎にて議会報告会を開催いたしました。私は吉原まちづくりセンターにて報告をいたしました。事業評価、一般質問、議会報告の議員のグループ分け等について質問がでました。

*一般質問の内容、仕方について
=ひとりの議員の一般質問中(持ち時間60分)は他の議員は口をはさむことはできません。
=市民から内容に誤解をまねくような質問(内容)にならないようにしてほしいとのこと。 議会では今後、一般質問の仕方についての勉強会をする予定です。
*議員は祭の際に祝儀(奉納)について
渡す事は禁止です。

平成26年度決算富士市議会事業評価
http://www.city.fuji.shizuoka.jp/shisei/c0402/fmervo0000008spp.html

8年前、初当選をし、一般質問を4年間、毎定例会でしてきました。その間、議員にも、住民の中でも、一般質問は売名行為だと言う人たちもいましたが、今期は、一般質問への関心、向上を求める声が議会内からも住民からもあり、議員のあり方もかわりつつあり、実に嬉しい変化です。議員だからこそ、一般質問にたち、市の課題をとりあげて、市政をよりよい方向へもっていく提言ができるのです。議員の質向上は求められるので、ここはしっかりと応えていきます。
また、祝儀に関しては、議会報告会とはまた別の場所で、安倍さんの例をとりだし、自分のポケットマネーで払っていて違反じゃないから、議員が奉納金をだすことは違反じゃないと人から聞いたという住民が、山下さんも払うようにといわれびっくりしましたが、議員は自分の選挙区で祭の祝儀(奉納)をだすことは禁止です。

e0070152_23134122.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2015-11-19 23:14

市長へ予算編成の要望書提出

平成28年度の予算編成にむけて、会派(民主連合)で市長へ要望書を提出してきました。会派メンバーにそれぞれ意見をだしあい、まとめあげた33項目の要望です。これからも一般質問、委員会、活動をとおして、要望に書きあげた内容の必要性をうったてていきたいと思います。

山下、以下の課題、特に注視していきます。
*地域防災に女性の視点を取り入れるとともに、中高生が活躍できる防災の仕組みづくりを求めます。
*認知症サポーター養成講座などの充実をはかり、高齢者が元気でくらせるような施策の拡充を求めます。
*農製品の地産地消の一層の促進を求めます。(お茶の消費工場のぞむ)
*田子の浦港への観光客船を誘致するため、富士市内の観光ルートの具現化を求めます。
*DV,虐待などの暴力再発防止施策の強化を求めます。
*富士市在住の外国人の子どもたちへさらに充実した生活・教育支援を求めます。
*認知症に対する理解を深めコミュニケーション力向上の為にバリデーション研修を再会することを求めます。
*子どもたちが日々の生活の中で出会う困難を解決するためのサポートシステムとして、スクールソーシャルワーカー活用事業のさらなる充実を求めます。(family life educationも視野にいれる)
*お茶の学習を通じて、食文化、食と健康、おもてなし作法などを身につけてもらえる教育施策を求めます。
*2020年までに達成する女性管理職の割合を数値目標として設定するなど、女性が活躍するための具体的な仕組みの構築を求めます。

e0070152_2343238.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2015-11-19 23:04 | 市政

海賊の話し  消防団の話し〜防災イベント

週末はふじさんメッセで防災イベントと役所で消防まつりが続きました。

ふじさんメッセには海上保安庁のブースもありました。以前、船旅で南半球を一周した際に海賊対策の訓練が船上であり、びっくり仰天しましたが、無事、海賊をでることなく航海を終えたのでした。そこで、ふじさんメッセのブースで「あの〜海賊はでるのでしょうか?」ときいたところ、やはり出るそうです!!実際に海賊を捕まえて、日本の港につれてきたことがあるとおっしゃっていました!

海上保安庁の海賊対策ありました。
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/anti-piracy/cpa_se.htm

消防まつりにて
消防第5分団の皆さんと火災、放火、訓練の話しをききました。入団をして覚えること、やることはたいへんなこともあるとおっしゃっていましたが、人命救助、まちの安全のため、働いてくださっていてありがたいです!消防体験コーナーにはおちびちゃんたちが沢山いました。将来の消防団員ですね☆

e0070152_2321731.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2015-11-19 23:02 | 議員生活

杉原千畝写真パネル展

杉原千畝写真パネル展・講演会が沼津で開催されていました。

第二次世界大戦中、リトアニアに赴任していた杉原さんは、ナチス・ドイツの迫害によりポーランド等欧州各地から逃れてきた難民たちに外務省の訓令に反して、大量のビザ(通過査証)を発給し、およそ6,000人にのぼる避難民を救ったことで知られています。

2011年にリトアニアを訪れ、当時の領事館、今は杉原さんゆかりの資料館を見学しました。肝の座った人だと思いました。先日、沼津で杉原さんの親類家族と会食する機会があり、杉原さんや家族の話しをきき、あらためて、すばらしい人だと感動しました。

杉原さんの御孫さんが”杉原千畝の「命のビザ」 記憶遺産”登録への準備に大変そうでした。ぜひ、再来年、2017年には吉報をきき万歳しましょう!!
http://www.huffingtonpost.jp/2015/09/24/sugihara-chiune_n_8187666.html


国の対立でもって、人の命を奪うものではありません。戦後70年、世の中殺気立っています。杉原さんの軌跡をご覧になって、勇気をもって命をまもる。考えていきたいです。

杉原千畝記念館
https://www.town.yaotsu.lg.jp/contents/view.cfm?id=911&g1id=12&g2id=78

e0070152_22572131.png

リトアニアにて
[PR]
by izumi-yworld | 2015-11-19 22:58