<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

にゃんこが天国へいきました。

 朝4時18分、にゃんこは天国へいきました。9年前、野良だったにゃんこが家にいつき、私の8年前の初選挙から今まで、いつも大変なときは、にゃんこが身代わりに怪我したり、病気になったりしたのかなと、思うことが多くありました。我が家はしょっちゅうギクシャクするので、にゃんこがどれだけいやしになったのかわかりません。
 人なつこく、人が大好きな猫で、ひとりにされると、機嫌が悪くなる可愛いにゃんこでした。ひとりにされると、猫トイレの砂を廊下にこれでもかとぶちまけて、家族の帰りを待っていました。
 私自身、ここ半年、ゆっくりにゃんこを抱っこしたり遊ぶことができなかったのですが、昨日の午前中はパソコンをうっている間中、膝にだっこして、夜は添い寝して、にゃんこの最期を看取ることができて、少し心が軽くなりました。写真は昨日のひざだっこの一枚です。もうこのときも、苦しそうだったなあ。
 今日は、外の用事はなく、にゃんことずーっといることができました。今日を最期の日と選んだのは、きっとにゃんこでしょう。夕方、火葬にいき、今、にゃんこのいなくなった部屋にいます。

 にゃんこ、家に来てくれてありがとう。明日から、にゃんこがいなくても頑張るよ。

e0070152_20104154.png

[PR]
by izumi-yworld | 2015-10-31 20:11 | 日々の出来事

世界をひっぱている子どもたち

静岡県の子どもたち、世界で大活躍!!
今日の今泉地区文化祭のオープニングで昨日同様に、CHEERS FACTORYのチアリーディングを観ました。「姿勢がいいですね〜」と、思わず声をかけてしまうほど、彼女たちはたち姿がきれい。今年、アメリカで開催された世界大会で第2位をとったそうです。
夕方は、別の場所で一輪車パフォーマンスを観ました。藤枝所属の高田姉妹は姉がイタリア、カナダ大会総合優勝。妹はジュニア世界チャンピオンだそうです。
両方とも写真があれば、雰囲気を少しでもおっそわけできたのですが。世界で通用する。と、いうよりは世界を引っ張っていっている子どもたちはすごい!!
[PR]
by izumi-yworld | 2015-10-30 13:10 | ニュース

紙フェア2015

富士山紙フェアでは日本の和紙の伝統と、韓国の韓紙工芸を体験しました。アートスペース富士和紙の皆さんと韓国の方々の交流は前からきいていましたが、今回は紙フェアに参加するということでワクワクしていってきました。紙の芸術性を広めいたと思っているので、なおさらです。ハンジ ソン・コウルという韓紙でできた手鏡を、シム ファスクさんの手ほどきをうけながら作りました。なかなかのでき、顔もとても綺麗に映りそうです。(笑)紙を通して、日韓交流を期待します。私も韓国にいく際はさっそく、訪問したいと思います。

e0070152_13203285.jpg

e0070152_1321592.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2015-10-30 13:06 | 文化・芸術

ワクチン学習会

ワクチンの学習会に参加。定期接種と任意接種となっている両方とも、受ける義務はありません。したがって、国ではうけなくてはいけないということを一切うたっていないそうです。このようなワクチンの学習会で勉強をして、ワクチン接種を自分、家族で決めていくことが必要です。
特定非営利活動法人コンシューマネット・ジャパン
http://consumernet.jp
[PR]
by izumi-yworld | 2015-10-30 13:05 | 講演・講座

こやま祭り

こやま祭り、開催12:30からと聞いていましたが、もう11:30頃から大忙しとききました。職員の皆さん、笑顔が美しかったです。チアリーディングは、相変わらず、かっこいいダンスを披露してくれました♡

e0070152_13304748.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2015-10-30 13:04 | 活動

ランブル俳句結社の全国俳句大会

ランブル俳句結社の全国大会は今年は横浜でした。会場のニューグランドホテルは昭和20年、マッカーサー元師が進駐第一夜をすごした場所です。総会の部屋にはいったとたんに、重厚な品格のある場に圧倒され、建築のすごみを感じました。ここに一週間いたら、話し方もたしなみもかなり、品よくなりそう。(笑)
参加者は全国から約150名の参加で、俳句人生の長いひとたちばかりです。生活の中でいきとしいけるもの全てを感じ、句にしていくぞ!先輩の皆様からは、気合いばかりの私をあたたかく見守ってくださり有り難いです。
鏡味味千代さんの太神楽を鑑賞し、完全にノックアウト。こんなすばらしい伝統芸能に精進されていて、有り難い。これからも多くの方々に、披露され、幸せを広げて行って欲しい。素晴らしい芸、素晴らしい女性でした。今年、5月に出産されたばかりだそうです。

e0070152_13263936.jpg

e0070152_13274974.jpg

e0070152_13284729.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2015-10-30 13:03 | 活動

環境経済委員会視察2015

富士市議会環境経済委員会は長野の飯田市、山梨のアルプス市へ視察でした。飯田市では、リンゴ並木が昭和28年に誕生していらい、今では中学生が管理するリンゴ並木もあります。てぬぐい帽子?がやけに似合っている中学生たちがリンゴの木に水をやっていて、地域の文化継承はよいと思いました。また、役所の課が、住民の声、地域で求めているものを肌で感じるようにと街の一角に構えているなど、工夫をされていました。現場の声を肌で感じ、政策にいかせることができればよいことです。設置場所の決定にはかなりの配慮がいるかもしれませんが。

e0070152_13321080.jpg

e0070152_13334056.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2015-10-30 13:02 | 議員生活

グリーンコンシューマー(環境を大切にする消費者)になろう

富士市にて、静岡県地女連研修会 レデイースフェスタ2015がありました。
環境カウンセラーの服部乃利子さんの講演「グリーンコンシューマー(環境を大切にする消費者)になろう」でした。
講演では、1分間水道の水を出しっ放しにすると12Lの水が無駄になるということでした!母親は水をよく出しっ放しにして、冷蔵庫をあけたり、掃除したりしているので、よく注意をするけど、なかなかなおりません。自分が料金を支払っていないからだとは思うのですが、水はただではないぞ!!
それに、地球規模で水は不足しそうなのです。また、母親にいっておこう。

買い物の10原則は以下に添付しました。
http://www.kankyoshimin.org/modules/activity/index.php?content_id=57
[PR]
by izumi-yworld | 2015-10-30 13:00 | 講演・講座

吉元由美さんの秋の言の葉塾特別講座

言葉を大切に扱う。吉元由美さんは、魂の底から「きれいな言葉」を使いなさいといっている方。今回は由美さんと村上春樹さんの本を多く翻訳なさっているジェイ・ルービン先生の対談を聞いてきました。日本語と英語はまったく違う言語。英語を扱う人が日本語をどんな感性でもって翻訳をするのか、とても興味がありました。参加者の中にはジェイ先生の翻訳した村上春樹の本を読んで、英語なのに、日本語を読んでいるかのようになり、涙がでるほど感動してストーリーを読んだといっている方々がいらっしゃいました。きっとジェイ先生の英語は日本の感性が一杯入っているのでしょう。読んでみよう。
e0070152_13352666.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2015-10-30 12:58 | 文化・芸術

女性が真(ほんとう)に輝く社会

つくばで開催された、大学女性協会の全国セミナーは、朝から夜中まで語る、語るの2日間でした。

”女性が真(ほんとう)に輝く社会”を形成するためには「女性の自立」が前提です。女性の自立をはばむものは何か?女性と税制を含め、女性の働き方を探る2015年度セミナー

日時: 2015年10月17日(土) 13:00~17:0010月18日(日)  9:30~16:00
主催: 内閣府、男女共同参画推進連携会議、一般社団法人大学女性協会
共催: 茨城行政相談委員協議会後援: 茨城県
基調講演 鹿嶋敬氏              
 ~第4次男女共同参画基本計画・策定に携わって見えてくるもの~」
講話 「配偶者控除について考える」長沼早苗氏(税理士・茨城支部会員)
講演 「行政相談と女性の社会参画」小野勝久氏(茨城行政相談委員協議会会長)今髙博子氏(茨城行政相談委員協議会副会長・茨城支部会員)
茨城支部 :「対話から学ぶ これからのワークライフバランス~茨城大学連続出前教室実践報告~」  
神奈川支部:「女性の活躍のため、大学女性協会が提言できることは何か」 静岡支部 : 「女性の自立~世界の女性と連帯し、世界と地域を結ぶ~」 
委員会発表 女性エンパワーメント委員会:「めげないわたし」養成講座
マルイチ会発表 「シングルを生きる」
分科会① 「考えよう! 女性と法律・社会通念」 
② 「どうする? 女性と税制・社会保障」      
③ 「これからの女性と仕事」 

女性(夫婦)が仕事と家庭を大事にするためにも、ベビーシッターは実にたよりになります。食事をしながら、人生の大先輩方が早くベビーシッターに税金控除することをどんどんやったほうがよい・・・・。という、話しが普通にでてきました。このテーマは先週、富士市議会定例会の一般質問でとりあげたときは、ベビーシッター事業はする予定はないからニーズ調査はしないと、市が答弁したばかり。人や地域によってもかなりの温度差があります。そして、子育てと仕事をテーマにした分科会では、「女性がしっかりと子育てをするように義務教育終了まで児童手当を充実させて、子どもとスキンシップをとるほうがよい」と、いう意見がでました。子どものことを思っての意見だと思いますが、そこにいた女性全員は、そういうことではないという意見(考え)。女性は子育ても仕事もするという選択肢はしっかりとありますよ。それに、仕事はやめられない場合もあります。

e0070152_1117362.jpg

e0070152_11175255.jpg


e0070152_2331518.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2015-10-30 12:57