<   2014年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

アマダ見学

金属加工機械の総合メーカー(株)アマダ富士宮営業所を見学。富士山方面に向かう山林をドライブをしていると、アマダの看板がありますが、こんなにも広いとは!営業所といっても東京ドーム16個分もはいる広大な敷地です。ITと人財を上手に活かした仕事の運びかたには目をみはるものがありました。それに、何よりも、従業員の皆さんの自然体の挨拶が、素晴らしかったです。
富士宮市へ移転してきたのは、富士宮市につよい繋がりがあったこと。そして、ブローバルに戦っていきたいという意思から日本の象徴である富士山の麓を選んだそうです。ここはかなり納得です。
これは写真ですが、外には世界的に著名なイタリア人彫刻家アルナルド・ボモドーロ氏政策の創造の広場があります。企業の建物、自然、芸術もよく調和されていました。
http://www.amada.co.jp

e0070152_22524990.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2014-10-15 22:53 | 活動

富士市文化祭

ただいま富士市文化祭中で華道、書道、音楽、盆栽、写真・・・、いろいろと芸術に触れることができます。心うたれる作品が目白押しです。俳句の重鎮にすすめられて俳句大会に参加しました。50名の参加がありました。同じ俳句結社でない方々の作品を詠む機会があり、これもよい刺激になりました。結社によって俳句の感じが違うのでしょうか?ど素人なのでよくわかりませんが、ただ、なんとなく。

ギャラリーに "月光"流れ 竹の春     山下いづみ
[PR]
by izumi-yworld | 2014-10-12 21:49 | 文化・芸術

お日まち2014

朝の神社掃除、神事、祭りの準備、そして夕刻からのお祭りで大にぎわいに、無事終了いたしました。大勢で掃除したり祭りの準備をすると、自然と手際のよい連携プレーができてくる。いいものです。これぞ、ザ・日本ですね。祭りの最中、近所のちびちゃんにだっこをせがまれ、だっこしたり、富くじ引いたり、なんやかんやとしていて、あっという間でした。

e0070152_21432093.jpg


e0070152_21434897.jpg


e0070152_21442757.png


e0070152_21445292.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2014-10-12 21:45 | 活動

公開シンポジウム

11月8日、日本女子大学教育文化振興桜楓会 桜楓2号館 で公開シンポジウム「女性の自立とは?」を開催いたします。私は30分程、国際大学女性連盟アジア地域ワークショップの報告をいたします。

(一社)大学女性協会主催 2014 年度 シンポジウム 実施要項
1.期日:2014 年 11 月 8 日(土)10:30~16:40
2.会場:日本女子大学教育文化振興桜楓会 桜楓2号館
3.シンポジウム テーマ:「女性の自立とは?」
4.趣旨及び目的
自立した男女が互いを生かし、助け合って共に生きる男女共同参画社会の実現に向けて、様々な施策 が進められてきた。法制度はある程度整いつつあるといわれているが、依然として女性の不安定な在り 様は社会問題として根深く、性別役割に固執する社会通念が残存している。輝く女性がいる一方で、103 万円や 130 万円の壁、非正規雇用などの就業問題、特に若い女性の貧困問題、それに関連しての子ども の貧困など、社会のひずみが顕著になってきており、女性の自立は益々困難な状況を呈している。
女性の自立を阻むものは何か。2014 年度の本年は、女性と税制、経済などの背景を探るとともに女性 の働き方の多様性を探り、討論の契機とする。

挨拶および趣旨説明 会長 中村久瑠美

講話 「成長戦略としての女性活躍の推進」
講 師:坂本里和氏 (経済産業省 中小企業庁 創業・新事業促進課課長
兼 内閣官房 女性が輝く社会づくりチ-ム 企画官)

IFUW アジア地域ワークショップ報告
報告者:CIR国際ネットワーク担当理事 山下いづみ

基調講演「女性の経済的自立はなぜ進まないのか~家事労働ハラスメントの視点から」 講 師:竹信三恵子氏 (和光大学教授 ジャーナリスト)

パネルディスカッション「女性の働き方を考える」
パネリスト
1 産業能率大学教授 石塚浩美氏(神奈川支部会員)
2 (独)産業技術総合研究所主任研究員 大矢根綾子氏
(茨城支部会員 昨年度守田科学研究奨励賞受賞者)
3(株)愛企画 吉川愛美社長
コーディネーター
女性エンパワーメント委員会委員長 城倉純子

閉会

一般及び会員 2000 円 学生 無料

ご参加をお待ちしております。

e0070152_113859100.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2014-10-09 11:42 | 活動

多文化共生社会における新規入国外国人(定住者)への教育を考える No.2

●多文化共生社会における新規入国外国人(定住者)への教育を考える No.2〜くらし と ことば をつなげよう〜

Jauw神奈川支部主催のパネルデイスカッションに参加しました。私たち静岡支部は共催です。

コ ーディネーター:山瀬恵子
(大学女性協会神奈川支部会員、元インドシナ難民相談員)
パネリスト:
横山レイカ
(ブラジル出身、富士市在住、富士市教育委員会外国人児童生徒 指導員、富士市国際交流ラウンジ運営協議会前会長)

●富士に在住の外国の家族に親身に、ときには厳しく、いつも寄り添いながら支援活動をしているレイカさんのお話に感動者多数。神奈川の人たちと今後も協力して多文化共生事業を展開していきたいと思います。


永瀬一哉 
(インドシナ難民の明日を考える会代表、神奈川県立相模原総合 高等学校教諭)

●外国の子供たちに日本語を教えることは大変だと思います。しかし、日本にきたのなら、外国の子供たちがしっかりと日本語教育を受けることができる仕組みは必須だと思います。


松尾べハイ
(元ベトナム国籍、木更津市在住、2男1女の母、イオン
サービスデリ勤務)
●国(戦争)に翻弄され、家族内でトラブルもあり、大変な道のりがあったと感じました。頑張っているベハイさんをこれから応援していきたいと思いました。

外国の子供たちが日本に暮らし、教育が十分にうけることができない、ちゅうぶらりんにならないように、子供そして親への教育支援。それには国、自治体のも、外国の子供たちの暮らしを真摯にうけとめ、行政運営をしてほしい。

e0070152_2247373.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2014-10-01 22:48 | 活動

お日まち

秋のお日待ちの準備です。毎年、町内の人たちに灯籠を作ってもらっています。今年はどんな灯籠ができあがってくるのでしょうか。10月11日上和田日吉浅間神社のお祭りにどうぞいらしてください。富くじ(500円)も販売しています。一等はお米!はずれもおしょうゆですよ。

近所のおば様方が景品のしょうゆは重いから軽いものに変えて欲しいといっていました。しかし、1等の5kgのお米は軽いらしい。ようはお米が当たりたくて富くじをかっているのに、しょうゆでがっかりという話しでした。

e0070152_2232379.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2014-10-01 22:03 | 活動

憲法を守る 富士・富士宮の市民の会 発足

「集団的自衛権」は日本にとってよいことなのだろうか?先週、地元弁護士の声かけがあり、70名ほどの人が集まり、来年の通常国会(個別法案の帰すうが決まるまで)の活動について話しあいがありました。名称は「憲法を守る 富士・富士宮の市民の会」となりました。
[PR]
by izumi-yworld | 2014-10-01 22:02 | 活動

今泉地区運動会2014

今泉地区運動会
昨年は雨で中止、今年は晴天で2種目に参加しました。「走って転ばない」これを目標に参加をしました!なんせ、元運動部なので、グランドにでると、勢いづくのですが、足がついていきません。今回はじめて参加をした女性は、おちびちゃんから高齢者まで参加している運動会が楽しいらしく、来年はもっと多く種目に出場するそうです。このような人がいると地区運動会も盛り上がりますね!

e0070152_2202729.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2014-10-01 22:00 | 活動