<   2014年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

大寒

1年で一番寒き季節ですね。雪国ではない静岡でも朝はとっても冷え込みます。精進川近くに吟行にいきました。子供の頃よく踏みつぶした地面の薄氷や鱒のいけすの網のつらら。寒い季節を体感しました。手がかじかむって、久しぶりです。

e0070152_917130.jpg


e0070152_916385.jpg


竜のひげの草をかきわけると、綺麗な青色の実が潜んでいます。綺麗な青でみとれてしまいました。
e0070152_9183655.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2014-01-29 09:18 | 自然

国際女性デーによせて〜女性と子どもの人権ll

あたかも国連第3委員会に自分が参加したのではないかと思うくらいに、臨場感たっぶりの鷲見さんのお話、そして、世界人権宣言が作られたときから、日本の人権問題に取り組み、生活の中で起こる、人権無視にたいして、官庁に要望をし続けている丸山さんのお話、そして、3人の講師に共通する、暴力、貧困問題等をデータをもって説明くださった田中さんのお話。中身の濃い、公開講演会でした。ご参加ありがとうございました。


「女性と子どもの人権II」と題して講演会を開催します。

3月1日(土)午後1:30〜4:00
女性就業支援センター JR田町駅から徒歩3分 
参加費 500円
主催 (一社)大学女性協会 女性の地位委員会担当

国連第3委員会での女性と子どもの人権、日本での人権について、MDGs,SDGs2015年以降の開発目標についての講演です。ご参加お待ちしております。

e0070152_8332636.png

e0070152_8343665.png

[PR]
by izumi-yworld | 2014-01-28 23:27 | 活動

富士市防災ボランティア支援本部訓練

富士市防災ボランティア支援本部訓練で、語学ボランティアのセクションにいました。情報を日本語から他言語にするには、いくつか過程があり、やってみて難しいこともありました。被災情報を情報聞き取り票に書く。(情報を正確に聞き取り、メモすること)→被災者情報に記載(漢字を間違えず、また地名も正確に)→やさしい日本語に直す(被災専門用語など)→他言語に訳す。今日は訓練でしたが緊急時はもっと混乱するでしょうし、まずは、情報は正確に書き取ることが最初の一歩だと思いました。

(情報)倒木のため車両が通れない。→(やさしい日本語)木が倒れて車が通ることができない。

道路名がそこの地名であったり、数字であったりまちまちで、日本の人はわりと地名で覚えていて、外国の人は数字で覚えるからしっかりと番号を表記する必要ありました。

炊き出しの豚汁が美味しかったです。そして、夜は国際交流ラウンジの新年会で韓国料理をいただきました。ごちそうさん☆

e0070152_2322921.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2014-01-26 23:02 | 活動

本「家族生活教育〜人の一生と家族」閲覧できる場所

富士市、静岡市、静岡県のセンターに「家族生活教育〜人の一生と家族」(南方新社)の本を寄贈しました。ファミリーサポート、スクールカウンセラー、相談員など、家族や子供の生活支援に携わっている皆さん、企業・団体の人材育成に携わっている皆さん、手にとりご覧いただけたら幸いです。

本の閲覧できる場所
*富士市中央図書館
*富士市西図書館
*富士市男女共同参画センター(フィランセ)情報コーナー
*富士市社会福祉協議会(フィランセ)福祉図書コーナー
*静岡市女性会館(アイセル21)図書コーナー
*静岡県男女共同参画センター(あざれあ)あざれあ図書室

翻訳者 
倉元綾子 鹿児島県立短期大学 准教授 
黒川衣代 鳴門教育大学大学院 教授
竹田美和 神戸松陰女子学院大学 教授
正保正恵 福山市立大学 教授
山下いづみ ホームエコノミスト

原著はFamily Life Education: Working with families across the Life Spanの第2版で、米国において家族に関わる教育・研究をすすめてきた米国家族関係学会が進めてきた家族に関する包括的予防・支援教育の基礎的文献です。これを通じて多くの家政学者等が個人・家族の抱える様々な問題に取り組み、問題発生を予防し、家族を支援してきています。日本でも同様の取り組みを進めることができればと考えております。

ご用命いただけましたら、著者割引でお送りいたします。

e0070152_22593516.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2014-01-26 23:00 | FamilyLifeEducation

かやぶき農家のいやしのおんがく会

富士市博物館野外に設置されている旧稲垣邸内で開催された音楽会にいきました。
http://museum.city.fuji.shizuoka.jp/hp/pdf/inagakike.pdf

琵琶演奏
錦心流琵琶全国ー水会静岡支部の皆さんによる演奏。謡曲は大江山の鬼退治から始まる鬼三部作。
能演奏 富士市鼓の会「能ミュージックの魅力」

中学校の時の恩師川島先生の琵琶演奏。格好良かったです!いい声していて、声を発した途端にしびれる〜って感じです。琵琶は4弦ですが、演奏により十何弦もあるように聴こえてきます。
e0070152_19105134.jpg


新年にはいり、新たな気持ちでいるとき、琵琶や能のような古典的な音を聞くと、自分まで奥深い人間になったような気持ちになります。いい影響うけました!

e0070152_19164798.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2014-01-19 19:15 | 文化・芸術

官庁めぐり

国際人権規約完全実施促進連絡会議のひとりとして、要望書提出と担当課の方々の面会で、官庁めぐりでした。内閣府〜文部科学省〜厚生労働省・・・。

DV被害者のシェルター、男女共同参画クオータ制、児童ポルノ、教科書検定、保育園、高齢者ケア、外国人看護師・介護福祉士等、障がい者総合福祉など、盛りだくさんです。担当者から説明を受け、状況が明確になった点も新たな疑問もありました。引き続き勉強です。
e0070152_18495917.jpg

国会議事堂の前には修学旅行生の行列。小学校6年生のときの修学旅行を思い出しました。と、いっても国会議事堂ではなく、その後の浅草めぐりで、おこずかいがたりなくて、大きな醤油せんべいを買えなかったこと。
[PR]
by izumi-yworld | 2014-01-17 18:51 | 活動

消費者教育〜生活やものづくりの学びネットワーク

静岡県内の中高校の先生たちがメインの勉強会がありました。静岡大学の色川卓也先生による講義です。消費者教育というと、悪質商法やクーリングオフをイメージされる方がいるかもしれません。購買も含めて、生産や廃棄・再利用にいたる環境問題にまで発展をしています。

60年代 商品の安全・品質問題
70年代 +販売方法や契約・解約問題
80年代 +資産形成問題
90年代 +環境問題      (色川卓也 資料より)

今回、沢山の資料をいただきましたが、中学校の家庭分野「身時かな消費生活と環境」副教材を静岡市独自で作成されているものもありました。地元の静岡大学の先生、中学校の先生の協力で作成されています。

静岡市 中学校副教材 エブリデイ消費者!
http://www.city.shizuoka.jp/deps/shouhi/hukukyouzai.html

小学生の頃、おこづかい帳をもっていましたが、このマネーノートはひと味ちがいます。買う前に考えるよう工夫されています。

柏市 小学校副教材 マナブーのマネーノート
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/059000/p001186.html
[PR]
by izumi-yworld | 2014-01-14 22:33 | 講演・講座

どんどん焼きのだるまさん

今日は朝から、どんどん焼きの設営をし、午前は日吉浅間神社神殿と和田義盛神社で神事を行い、その後祓いの膳。午後から子どもたちも含めて、境内で式典とどんどん焼き行い、無事終了しました。

どんどん焼きで焼くまえのだるまさんたち遠目でみると、赤い実に見えますね。とっても綺麗です。これらお役目の終わっただるまさんたちを、竹につるすには、まず、だるまの底は土なので、トンカチで割って離します。そして、頭にドライバーで穴をあけて針金をとおし、竹の木につるします。ガンガンと壊しているときは、だるまさんを痛めつけているようで、少し気が引け、今までのお役目を心の中で御礼を述べながら壊しました。

どんどん焼きを食べると1年中風邪をひかないと言われています。私はここ10年ぐらい大丈夫なほど、いただきました!ごちそうさま。

日吉浅間神社の宮司さん、町内の役員さん、担当組さん、消防第5分団の皆さん、お疲れさまでした。

「どんど焼き」とは、
小正月に、正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・書き初めなどを家々から持ち寄り、一箇所に積み上げて燃やすお正月の火祭り行事です。

e0070152_15432397.jpg
e0070152_1542244.jpg
e0070152_15414822.jpg

e0070152_15445039.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2014-01-13 15:45 | 活動

俳句の世界へ

はじめて句会に作品をだし、入選。そしてランブル富士句会新年会ではじめて俳人、上田日差子先生にお会いすることができて、そして、先生の作品をいただきました。はじめて続きで、よいことばかりで、俳句初心者の気分は高揚しています!

日差子先生のお父様、俳人、上田五千石先生の熱烈ファンは多く、だれもが、自分のことを一番に可愛がってくれていた。そう感じていたそうです。もう、亡くなられているので一度もお会いすることができなかったことは残念です。そのように人々の心を掴んで離さないた五千石先生の著書「俳句の大事な5つのこと」にこのようなことが綴られています。俳句を通して、「・・・自分を中心に宇宙のすべてがいきいきしはじめた・・・」「・・私の中の自然を大切にすることを知った・・・」と。これで一瞬にして俳句の世界に恋に落ちてしまいました〜。俳句の季語を読んでいると、どんなに日本人は自然と共生して、物を見る目に情緒があったのかと、ため息がでます。

日差子先生は東京で活躍されていますが、吉原高校出身、私の2つ上の先輩でした!嬉しい偶然!先生にいただいた句を胸に、これから調子に乗ってがんばります!

「芽吹山 詩には未生の ことばたち」 日差子

e0070152_1539394.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2014-01-13 15:40 | 文化・芸術

徳川家康公顕彰四百年記念事業

江戸時代の人々の他人様を尊重して公のものを大事に共有していく生き方は「江戸しぐさ」よく表れています。たとえば「こぶし腰浮かせ」〜乗合舟でこみあってきたら、軽く腰を浮かせて、少しずつ幅をつめながら一人分の空間をつくる。「傘かしげ」〜雨のしずくがかからないように、傘をかしげ合って気配りをする。などがありますが、現代では電車内で「人の迷惑にならないよう、携帯電話の電源はおきりください。身体の不自由な方に席をお譲りください」とアナウンスがされます。江戸時代の人々が今の日本を見たらきっとびっくりするでしょうね!

来年、平成27年(2015年)は、徳川家康公薨去四百年という記念の年で、家康公ゆかりの地が多い静岡で記念事業が展開されています。家康公が礎を築いた「世界史上 例をみない平和国家」で「究極の循環型社会」、また「文化の成熟期」をしることができるでしょう。これを機会にもっともっと平和な街になりますように。

徳川家康公顕彰四百年記念事業
http://www.ieyasu400.com/index.html

徳川家康公と駿府 静岡商工会議所
http://www.shizuoka-cci.or.jp/commerce/984.html

e0070152_15541248.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2014-01-09 15:56 | 文化・芸術