<   2012年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今、消費税をあげることはよくありません。

消費税増税について、考えてみてください。
国民の生活が第一 参議院議員森ゆうこさんのブログから

  消費税増税は、もう決まったことだからしかたない?
        とんでもありません!
     それを決めるのが今後の衆議院総選挙です。
        消費税増税Q&A
Q:消費税増税は、社会保障の財源として必要なのではありませんか?
A:社会保障の制度設計すらできあがっていないのに、増税だけしようとしているのが現実です。社会保障のために消費税を使うという取り決めも、実はありません。野田内閣がそう言っているだけです。

Q:国と地方を合わせて債務が1100兆円もあっても、消費税増税は必要ないと言えるのですか?
A:会社で言えば、20億円借金があっても、30億円資産があれば超優良企業です。我が国の場合、政府・金融機関・家計等には6000兆円近い金融資産があります。資産のあることを隠し、借金だけを強調して増税の必要性をとくのは、サギまがいのやり方です。

Q:消費税増税は2014年4月からで、景気が回復していないとやらないという決まりがあるのではありませんか?
A:何%経済成長がなければ、消費税増税はやらないなど、具体的な取り決めは一切ありません。

Q:消費税増税で、国民負担はどの程度増えるのでしょうか?
A:消費税が5%アップすると、総額で約13兆円の増税。国民の数で割れば、一人当たり10万円を超える負担増となります。食料品・生活必需品への軽減税率など低所得者対策を措置するとされていますが、選挙目当てで言っているだけで、何も決まっていません。税収が減ることには後向きなのが現状なのです。

Q:現在の経済状況で、消費税増税をやれば、どうなってしまうのでしょうか?
A:不況下で増税して経済が回復した国はどこにもありません。消費が落ち込み、企業収益は悪化。中小零細企業を中心に倒産が相次ぎ、失業、自殺者が増えてしまいます。せっかく消費税を上げたのに税収が減ることもあり得るのです。1997年に消費税が2%上がったときも、税収は減少。それ以来、自殺者が全国で3万人を超える事態が続いています。今は、消費税を上げるのではなく、デフレ脱却・経済再生に全力を尽くすべきです。

http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/2012/11/post-c2ee.html
[PR]
by izumi-yworld | 2012-11-25 12:15 | 政治

紅葉

近所の神社、子安さん木々も色づき始めました。寒くなり身を縮ませがちですが、このような鮮やかな色みると心が踊ります!

e0070152_119403.jpg


e0070152_11101240.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2012-11-23 11:09 | 自然

今年も柿が届きました。

さあ、今年も東京世田谷から柿が届きました!ヘタに焼酎を湿らせて紙に包んでビニール袋にいれて10日ほどおきます。そうすると、ちょうど食べごろとなります。と〜っても甘くて美味しい柿ですよ。

なんで世田谷から?親戚の家に大きな柿の木が1本あって、大量に収穫ができ、いつも100個ぐらいおっそわけをしてもらいます。ニコニコです!

e0070152_19511928.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2012-11-22 19:51 | 日々の出来事

絵画に見つける物語

TEDのトークショーで心にストーンと落ちる、いいお話をきいた。

絵画鑑賞は大好き。ただ、いつも一枚一枚をじっくり観て、よく絵画を理解して・・・と、いうこととは程遠い。何となくよくわかったようなわからないような。とにかく観たことに満足して帰る。小説家、トレイシー・シュヴァリエのトークを聞いて、絵画鑑賞が楽しく、愉快になって、今すぐにでも美術館に走っていきたい程、興奮した。彼女の本も読んでみたい。

14分ぐらいなのトークショーなので、お時間つくってご覧ください。

TALKS
トレイシー・シュヴァリエ:絵画に見つける物語
FILMED MAY 2012 • POSTED JUL 2012 • TEDSalon London Spring 2012

http://www.ted.com/talks/lang/ja/tracy_chevalier_finding_the_story_inside_the_painting.html

http://www.ted.com/talks/lang/ja/tracy_chevalier_finding_the_story_inside_the_painting.html
[PR]
by izumi-yworld | 2012-11-20 10:08 | 文化・芸術

ミュージアムコンサート Vol.4~横井照子富士美術館

「世界をめざす 若き演奏家たち」静岡県出身の3人、長瀬正典さん(リコーダー、サックス)、加藤広隆さん(バリトン)、桑原朋子さん(ピアノ)の演奏はBravi!! Bravi! Bravi!素晴らしかったです。会場からは割れんばかりの大拍手!若手演奏の皆さんに、今後の飛躍も大いに期待です!

長瀬さんは来月、CD発売、加藤さんは3月10日浜松で開催のオペラ「夕鶴」に出演予定です。応援します!!

主催の横井照子富士美術館の企画、準備に感謝します。素晴らしい演奏会をありがとうございました。
http://www.yokoi-fujimuseum.co.jp/index.html

e0070152_18321336.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2012-11-18 18:33 | 文化・芸術

UN Women(国連女性)初代事務局長ミッシェレ・バチェレ氏が日本初来日

バチェレ氏の講演を聞きました。政治と経済両面に絞り、なぜ女性の進出が重要なのかお話くださいました。どれもこれも、納得する演説でしたが、特に印象が残っていることは、男女の恊働協力はもちろん大事なこと。しかし、同じ政策(中立的政策)にしておくと、いつも女性が後ろにまわされる。だから女性に特化した政策が必要だとおっしゃいました。あ〜そうかと、納得しました。


演説内容
http://www.unwomen.org/2012/11/during-first-official-trip-to-japan-michelle-bachelet-calls-for-womens-full-participation-in-politics-and-the-economy/

国連からのUN Women予算額は必要経費の0・3%しかない。残りはいろいろなところからかき集めてこなければならないそうです。大変!

UNWomen
2011年1月に発足した、「ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関」(UN Women)世界、地域、国レベルのジェンダー平等と女性のエンパワーメントに向けた活動をリード、支援、統合する役割を担う。
4つの組織を統合: ユニフェム・経済社会問題局女性の地位向上部(DAW)、ジェンダー問題事務総長特別顧問事務所(OSAGI)、国際婦人調査訓練研修所(INSTRAW)

e0070152_2111273.jpg

夜の懇親会にて 

右 ミッチェル・バチェレ UN Women事務局長 チリ出身
左 クリスティン・ヘトレ氏 UN Women 戦略パートナーシップ部部長 ノルウエイ出身
[PR]
by izumi-yworld | 2012-11-14 21:15 | 政治

移民政策進むでしょうか。

外国人集住都市会議2012に参加をしました。
http://www.shujutoshi.jp/gaiyou/index.htm
今回の各ブロック(市町)の報告は
「地域コミュニティの構築」「教育」「防災」と今、早急の改善が求められている分野で興味深かった。首長からは、教育から就職まで一環した支援、職業訓練、言葉授業、初期児童適応授業、多言語、視覚ツール導入など事例紹介があった。

国への要望としては、
日本語能力判定を明確化してほしい。
外国人住民基本台帳では在留を持たない者は法的リストに載らなくなったがサービスは大丈夫か。

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/zairyu.html

http://www.soumu.go.jp/main_content/000156363.pdf#search='外国人+住民記帳台帳'



◎移民基本法を制定してほしい。

今回の会議でよく耳にした言葉。これは私自身も望んでいることなので、とても敏感に捉えたのか。とにかく、国の方向性をしっかりと示さなければ、外国の人たちの立場が宙ぶらりんになってしまいます。そして、それは、子供たちへの影響がとても大きいと思います。しっかりと教育を受け、就職ができるように。それに、中途半端にしておくことは、日本の人たちに心情的にもよい影響をあたえないと思います。多文化共生にすんなりとなじめる人たちもいますが、「外国人」をみたりするだけで戸惑う人たちもいます。日本が外国人労働者を受け入れたのですから、民衆が対立的、排除的な感情をもつことは避けたいと思います。

移民基本法制定には、今回登壇者の衆議院議員 中川正春氏が長きに渡り取りかかっているとのこと。しかし、議会でコンセンサスがなかなか得られないとおっしゃっていました。他の国会議員で移民基本法制定に力を入れてくださる人は誰なのでしょうか?これは議員立法でないと作成できませんから、理解ある議員の皆さんが力をあわせて制定にこぎつけて欲しいです。

外国人集住都市会議アドバイザー ホームページ

井口泰氏
http://www.kwansei.ac.jp/s_economics/s_economics_000726.html
山脇啓造氏
http://intercultural.c.ooco.jp/vision/policy/basic.html
池上重弘氏
http://wwwt.suac.ac.jp/~ikegami/index.html

再度お知らせします。
外国人集住都市会議メンバー市でありませんが、静岡市と静岡大学の矢崎満夫先生と作成された「日本語指導が必要な児童生徒のためのページ」をご覧ください。
http://www.gakkyo.shizuoka.ednet.jp/ 

このプログラムを参考にしている自治体があるそうです。(すみません、市の名前を忘れてしまいました)

e0070152_20254875.jpg


富士市担当課職員と富士市国際交流ラウンジFilsのメンバーで参加しました。
[PR]
by izumi-yworld | 2012-11-14 20:24 | 政治

日本からの帰国子弟とカエルプロジェクト

e0070152_1812652.jpg


「子供の将来を考える」懇談会2012 富士会場  2012年11月10日

ブラジルに帰国して苦悩する子供たちのケア活動、「カエルプロジェクト」は1996年からサンパウロ州政府とNPO法人 教育文化連帯学会恊働で行われている。ブラジルに帰国して苦悩する子供たちのケア活動。
(内容)
1。心理面のケア 2。学習面のケア 3。環境面のケア

プロジェクトコーディネーターのDr. Kyoko Nakagawaからプロジェクトの内容を聞き、その後、懇談会が開催されました。多くのブラジル人方々が参加され、質問をされていました。

e0070152_1884398.jpg

写真前列 ブラジル人の保護者たち

子どもたちはどこにいっても、しっかりと教育が受けられように受け入れる側(国)も送る側(国)の支援が必要だと痛切に感じました。

日本でできること
*しっかりと日本語教育をプログラム化して、教える。
ーいつか帰るこどもたちだからと、中途半端な教え方はしない。

*日本の子供たちと外国の子供たちと比べることはしない。
ー親からの意見「日本のこどもたちよりできているととか、比べないでほしい。それにうちの子は生まれて、日本でそだっている」

メモ
ブラジルでは、
大学は国、高校は州、小中学校は市の管轄。

主催 三井物産株式会社 (公財) 静岡県国際交流協会
協力 NPO法人 国際社会貢献センター 富士市

e0070152_18153920.jpg

懇談会後、講師、関係者の方々、私たち富士市国際交流ラウンジ育成部会メンバーでフィリピン料理のレストランでお食事をしました。ブラジルにはバナナが7種類ぐらいあるとか。食べてみたいですね。
[PR]
by izumi-yworld | 2012-11-14 18:10 | 活動

先日の3大学認可の件で浮き彫りになったこと

元文京女子大教授 菊池英博氏が緊急エール「私は真紀子大臣を支持する」
問題は大学に巣くうシロアリ官僚の腐敗堕落

 3大学の認可を一転して認めることにした田中真紀子文科相に対し、自民党は「問責に値する」などと息巻いている。大マスコミの論調も真紀子叩き一色なのだが、ちょっと待って欲しい。「大学の劣化」や「審議会のあり方」を問題視した真紀子の言い分は正論だ。元文京女子大(現文京学院大)教授の菊池英博氏は「今の大学は腐っている。真紀子大臣よ、頑張れ!」とこう言っている。

 テレビで田中真紀子大臣の発言を聞いたとき、私はよくぞ言ってくれた、と拍手を送りたい気持ちになりました。「大学の数は多すぎる、以前から問題だと思っていた」という発言はその通りで、このことは私のように大学で教鞭を執ったことがある人間であれば、みんな分かっていることなんです。
 私は1994年まで東京銀行に勤め、その後、文京女子大の経営学部で13年間、教えました。つくづく思ったのが年々、学生の質が劣化していることです。この間、少子化が進み、しかし、大学はどんどん増えた結果、ますます、大学は劣化した。
 
 こうなったのは教育の現場に市場原理主義が持ち込まれた結果です。大学をどんどん認可し、ダメなら潰せばいい。小泉構造改革以降、そんな文部行政が行われてきたのです。人口が増えているときならイザ知らず、子供が減っているのに大学が増えればどうなるか。生徒の奪い合いになり、大学はより簡単に入学させようとする。試験を簡単にし、推薦枠を広げ、その条件も低くする。
 
 米国やドイツの大学は入りやすいが、卒業するのは大変です。日本は誰でも入れるうえに、簡単に卒業させてくれる。単位がなくてもリポートで済むケースもある。そうしないと学生が集まらないからです。
 
 本来であれば、文科省が、そうした教育の劣化の改善に取り組まなければならない。ところが、それを放置し、真紀子大臣がメスを入れようとすると抵抗するのは、大学が彼らの天下り先だからです。新設大学が認可を受けるには大学設置・学校法人審議会にお伺いを立てるだけではありません。いつの間にか、事務局長や理事に文科省の役人が入ってくる。彼らは1000万~1500万円くらいの年収を得ている。彼らの天下り先のために大学が増えているようなものです。
 
 新設大学の中には自民党の文教族議員と癒着しているところもある。そうやって、質を伴わない大学が増えていく。どこも淘汰されず、そうした大学にも国から巨額の補助金が支払われている。誰かがこの構造にメスを入れない限り、日本の大学教育は大変なことになる。感情論のような真紀子叩きは、問題の本質を見えなくさせるだけです。(談)

http://gendai.net/articles/view/syakai/139551

2012年11月9日 日刊ゲンダイ

教育は自分の血となり肉となるから、とても大事。人生に大きく影響すると思う。高等教育の質がよければ、学問(大学)より実践だ大事だ。とか、実践なんかより学問だなどという議論はでてこない。
[PR]
by izumi-yworld | 2012-11-10 10:53 | 政治

絵巻

絵巻を見ると、何かゾクゾク感がある。なんでだろう?動物が人間のように歩く絵巻もあるし、化け物がでてくるものもあるし・・・。わかった。屋根や天井を省いていて描かれていて・・・。そう、なにか、人の家を上からそっと覗いている感じがしてゾクゾクするんですよね。

絵巻の構図には、いろいろな画法があるようです。
絵巻初心者 この本読んでみました。
「すぐわかる 絵巻の見かた」東京美術
屋根や天井を描かない技法もしっかりとありました。なるほど。

絵巻
http://ja.wikipedia.org/wiki/絵巻物
[PR]
by izumi-yworld | 2012-11-08 10:25 | 文化・芸術