<   2012年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

神社・子安地蔵尊の当番になって

子どもの頃、遊び場だった日吉浅間神社、子安地蔵尊を、今年は町内の当番となりまつりごとの場所として見るよい機会が与えられました。こどもにとって安心して遊ぶことができる場所は、大人にとっては自然に感謝し、家族の安泰を祈り、近所の人たちと交流をもつ憩いの場であったのだろうと思いました。自己の利益や欲望達成のためではなく、ましてや神社や地蔵尊の当番役割などで争いなどがあっては本末転倒。私たち日本人には身近な神社を大事にして生活をすることが合っている(自然な)のだと思います。きっと、このような生活の中から、万人万物を大事にする心がはぐくまれて平和な日本が築かれていくのだろうと感じています。
[PR]
by izumi-yworld | 2012-10-31 21:32 | 活動

かじま祭りで、食べ物完売しました!

かじま祭りでフィリピン春巻、ブラジル風唐揚げ、タイカレー、日本のゼリー、アメリカパンプキンスープ、中国クレープを用意しましたが、すべて完売!毎度のことながら国際交流のWAの料理は美味しいです!毎年、買いにきてくれる人たちがいます。嬉しい限りです。私は食べる係です(笑)

まかないで、中国の人がビエン(中国の主食)、卵チャーハンを作ってくれました。その他、デザートにタピオカ、八つ橋、キャラメルなど。

来年もまた、かじままつりで販売いたします!

e0070152_23424561.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2012-10-29 23:43 | 活動

帰国した子どものケア〜懇談会開催のお知らせ

ブラジルのサンパウロで、帰国して苦悩する子どもたちのケア活動「カエルプロジェクト」を進めている中川博士をお招きして懇談会が開かれます。子どもたちと関わりのある皆さん、お時間ありましたらご参加ください。

11月10日(土)13:00〜14:30
富士駅北まちづくりセンター
対象 学校教員、支援院、年少者支援にかかわるボランティア等)
詳細は、下記にお問い合わせください。
(公財)静岡県国際交流協会 電話054−202−3411
富士市国際交流ラウンジ 電話0545−64−6400

「カエルプロジェクト」とは?
サンパウロ州教育省とサンパウロ市NPO法人「教育文化連帯会」が実施している活動。
[PR]
by izumi-yworld | 2012-10-29 23:32 | 活動

アフガニスタンの女性の現状を聞いて

先日の大学女性協会研修会「平和構築のおける女性の役割」ではアフガニスタンの歴史、現状から女性や子どもの置かれている状況を知り、深刻さにショックを受けました。そして、その厳しい状況の中で女性たちの平和構築への意思感じられ、また、活動にかなり刺激を受けました。
e0070152_1462753.jpg

ナヤニさんのおっしゃった「日本にきて平和文化を学ぶことができた」という言葉が印象的でした。一歩外からみれば、日本は平和であり、平和文化がある。私もそう思いますが、その一方で、日本での家庭内暴力、パワハラ、デートDVなども一線上にあり平和から遠のく行為です。今の政治しかり。利権のからむ経済しかりです。
e0070152_1464625.jpg

人がもつ憎悪、嫉妬、妬みが思いやり、優しさ、共感、賞賛に変わる世界に生きたいと思います。
e0070152_147365.jpg


国際協力」「教育」「平和」「女性の地位向上」に関心にある方は、私度も大学女性協会のホームページhttp://www.jauw.org/をご覧ください。平和構築にむけて、一緒に活動をしませんか?

今回研修会
講演 「南アジアにおける平和構築と女性〜アフガン女性を心に留めて」
 Dr. Nayani Melegoda コロンボ大学国際関係学部長
           広島大学平和科学研究センター客員研究員
[PR]
by izumi-yworld | 2012-10-29 14:09 | 活動

災害グッズ&外国人市民のための防災講座

富士市国際交流ラウンジの入り口に災害グッズが展示されていました。これなら、外国の人にもわかりやすくていいですね。簡易トイレは洋式でした。私はにゃんこのえさもバックパックにいれてあります。家の中にいて災害時、靴が近くになくて怪我をすることがあるそうで、運動靴と一緒にバックを置いてあります。

災害はおこならないと祈りながら、安心のため準備をしておきましょう。

e0070152_23506.jpg


外国人市民のための防災講座が開催されます。

震度を体感できるトラックが用意されます。私は2度乗ったことがあります。あの揺れの中では何もすることができませんでした。地震前、後の迅速な行動が大事です。

富士市のお住まいの外国の人がいましたら、講座開催を教えてあげてください。

11月17日(土)13:30〜15:30
富士見台まちづくりセンター
対象 富士市に住む外国人とその家族
[PR]
by izumi-yworld | 2012-10-25 23:13 | 活動

国連婦人の地位委員会参加者募集中〜大学女性協会

国連の委員会の一つで、1946年に創設されてから、世界の女性の地位に関わる重要な討議や決議を行
い、国連加盟国に大きな影響を与えています。通常、国連関係の会議に出席するのには、特定なステイタスが必要ですが、このステイタスを持つ国際婦人年連絡会の加盟団体であるJAUWからも若干名を派遣することができます。JAUWから派遣する貴重なチャンスです。
e0070152_9361556.jpg

私、山下は昨年、国際大学女性連盟の枠で参加しましたが、世界中から来る女性たちのパワーに刺激をうけました。文化は違えど、自分の暮らす街をよくしたいという気持ちは同じで、それには国際的視野をもつことが大事だという考えも共通をしていました。国際会議、ワークショップを肌で感じて、これからの社会活動に役立てて欲しいです!

第57回委員会開催日程は次のとおりです。


日 程 : 2013年3月4日(月)~3月15日(金)
会 場   : ニューヨーク国連本部
主要テーマ : 女性および少女に対するすべての形態の暴力の廃絶と防止 
申込期日  : 2012年10月15日 ~ 11月15日
詳細は、「第57回CSW参加希望者募集のお知らせ」をご覧ください。

http://www.jauw.org/iinkai/jinzai_ikusei/csw57.pdf

★参加ご希望の方は、国際会議参加支援募集要項をご参照の上、申請書に記入して本部事務所に提出(郵送
も可)してください。
JAUW国際会議参加支援募集要項(全会議共通)
国際会議参加支援申請書(3つの会議共通・ダウンロードしてください)   
問合せ先:本部事務所 〒160-0017 新宿区左門町11番地6 パトリシアテラス101号
           Tel:03-3358-2882
           Fax:03-3358-2889
           E-mail jauw@jauw.org

e0070152_937659.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2012-10-21 18:18 | 活動

講演「南アジアにおける平和構築と女性〜アフガン女性を心に留めて

スリランカというと、何が思い浮かびますか?
日本が1951年のサンフランシスコ講和条約締結後、世界で一番早く正式に日本と外交関係を結んだのはスリランカでした。サンフランシスコ講和会議で敗戦国日本にさまざまな議論・意見が出る中で、当時の大蔵大臣で、後に、初代スリランカ大統領になるジャヤワルダナ氏の演説が、当時日本に厳しい制裁措置を求めていた一部の戦勝国をも動かしたといわれ、その後の日本の国際復帰への道につながる象徴的出来事として記憶されているそうです。

ブッダの言葉を引用して、

「戦争は戦争として、終わった。もう過去のことである。
我々は仏教徒である。
やられたらやり返す、憎しみを憎しみで返すだけでは、
いつまでたっても戦争は終わらない。

憎しみで返せば、憎しみが日本側に生まれ、
新たな憎しみの戦いになって戦争が起きる。
戦争は憎しみとして返すのではなく、
優しさ、慈愛で返せば平和になり、
戦争が止んで、元の平和になる。
戦争は過去の歴史である。

もう憎しみは忘れて、慈愛で返していこう。」

参考: http://lanka.fc2web.com/

**********
再度のご案内です。スリランカ、コロンボ大学国際関係学部長Nayani Melegoda氏をお招きし、「平和構築における女性の役割」と題して、研修会を開催いたします。Nayani Melegoda様は、スリランカ大使館の方とご一緒にこられます。当日、山下は受付におります。お声掛けくださいませ。


10月27日(土)13:30〜16:00
津田ホール
申し込み先 (一社)大学女性協会  Tel 03-3358-2882

e0070152_15345780.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2012-10-21 15:35 | 活動

多文化共生と日本語教育〜大学女性協会静岡支部主催

所属団体、大学女性協会静岡支部の公開セミナー「多文化共生と日本語教育」は、会場いっぱい(40人)の参加があり、無事終了しました。ありがとうございました。
e0070152_21544781.jpg

(会場準備中)

静岡大学の先生、学生の皆さんから日頃の活動をお聞きし勉強になりました。学生の皆さんの体験して、感じて、考えて、そして、将来はこうしたい。って話しをきいていると、ワクワクしてきます。明るい未来が彼らにはみえているのでしょう、きっと。
e0070152_21552224.jpg

e0070152_21555023.jpg

(お手製、絵本)

矢崎先生は教育に熱心で学生思いで素晴らしい人でした。今後、静岡県の多文化共生の実現に協力をしていくことができたら良いと思いました。

e0070152_21565126.jpg

矢崎准教授(左)大石教頭(右)

矢崎先生が静岡市教育委員会(大石教頭が配属時)と作成した外国人生徒のカリキュラムはとてもよいと思います。ご興味ある方はご覧ください。
「日本語指導が必要な児童生徒のためのページ」(ホームページ左側の欄で探してください)
http://www.gakkyo.shizuoka.ednet.jp/http://www.gakkyo.shizuoka.ednet.jp/

e0070152_21584719.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2012-10-20 21:59 | 活動

「男女共同参画社会の形成と教育」


(一社)大学女性協会主催シンポジウムを10月14日に開催しました。男女共同参画について教育現場から、災害時からの講演をきき、新たに男女共同参画社会に大事なことは何なのか、考えることができました。

松村泰子氏 東京学芸大学学長の講演から思ったこと

教育現場も男女共同参画が進んでいないという感想をうけました。女性の学長は3人だけ。中央審議会など女性登用が多くなってきたけど、事実、その下の小さい委員会になると男性が多かったり、全員男性だったりしている。これでは教育の道筋を決めることに偏りがでてきてしまう懸念があります。

日本には女子校が81校あり、これは世界1位だそうです。「女子校の存在意義がある」と、聴いた時、女子校出身の私の頭に浮かんだものは早弁と毎日のお祭り大騒ぎ。とにかく、口もよく動くし、校内中走り回るし騒々しい。あっと、お嬢様学校でないことがわかってしまいましたね。それで先生のおっしゃることは、共学だと女子学生は周縁化するけど、女子校ならば、女子がリーダーになっていくからだそうです。今までそのようなことを考えたことはなかったけれど、それも一理あるかもしれません。女子は仲良しグループで行動する子たちが多いので、リーダーはいくつもできているグループを全体としてまとめられるよう、リーダーシップが必要になってきます。これは社会にでたとき役立つことは確かです。アメリカでも女子校出身者が社会にでてリーダー的存在になる人たちが多いそうです。おもしろい調査結果です。

これからの男女共同参画社会の実現には、こどもたちの教育をジェンダーの枠にはめずに、ひとりひとりの個性をいかせるよう、男女の画一化ではなく多様性を大切にしていく新しい男女平等教育が大事だということです。同感です。

e0070152_13464724.jpg


堂本暁子氏 前千葉県知事の講演から思ったこと

今は改善されたけれど、東日本大震災がおきた当初、避難所にいる男性が外へ災害処理などに仕事にいけば日給がもらえ、同じ避難所で何十人、何百人の食事を作っている女性には日当がでなかったそうです。これには、相当驚きました。差別をしているのではないでしょうけど、無意識にそうなってしまう事に問題があります。これはふだんからの社会の仕組みと人の意識を変えていかなければ、災害時にはもっと大変なことになります。被災地のある男性首長が体育館で壁などしきりなしに老若男女みんな一緒に生活して仲良くやっている。といっている一方で女性たちがしきりがなくて不安で寝れないと訴えていたそうです。これもびっくりしました。私が石巻にピースボート災害ボランティアとして支援にいったときは、男女別(ビニールシートでまじきり)、生理用品なども自由に使えるよう置いてありました。若者たちが知恵をだしあって作り上げた災害支援はそれぞれのニーズにあった環境整備と支援をしていて感心したものです。

災害に強い自治体作りは普段から多種多様な人々にニーズを拾って、それぞれが活かせる自治体であることが大事だと思いました。ですから意思決定をする場所には男女も年齢も職業もいろいろなタイプの人たちがいることがよいと思います。

e0070152_13473689.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2012-10-19 13:48 | 活動

富士市バスルート

さ〜て、今度はどこへいこうかな?なんちゃって、これは「富士市バスなび」いろいろなバスルートが載っています。地図をみていると楽しくなってきます。このバスに乗れば、富士宮市、このバスに乗れば・・・ってね。ただ、富士市にいると、断然車に頼ってしまうのが現状です。ドアto ドアに慣れてしまっています。東京にいけば、いくらでも駅まで歩くし、乗り換えもなんのそのなのに。富士市でも公共交通が充実しないと高齢者、青少年(結局親がたいへん)など、車が使用できない人には不便な生活になってしまうし、公共交通が便利になってくれば車ばかりに頼らない生活ができてくると思います。私はさしずめ吉原(できれば上和田)から新富士駅までいくバスが充実してくると助かります。皆さんは?
e0070152_14283321.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2012-10-18 14:29 | 政治