<   2012年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

バリデーションセミナー2012

バリデーションを日本に広めた第一人者の篠崎人理さんと京都で合流して、創作料理の店Giro Giroで食事をしました。ここ3年いつも京都ではこの店にいっています。細かなところまで味がいいお店です。食事中は昔話に花が咲きます。1年に1度、ナオミさん来日時に必ず会うメンバーですが、数えてみたら9年目でした。時がたつのも早いものですね。
e0070152_20184159.jpg


人理さん訳本 バリデーション -認知症の人との超コミュニケーション法-ぜひ、お読みください!
http://www.clc-japan.com/book/book.cgi?mode=info&bid=55 

バリデーションセミナー最終日の東京で、バリデーションテーチャーの皆さんと岡山の桃を食べながら少しお話ができたナオミさん。無事、帰国されました!

e0070152_2019510.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2012-07-20 20:20 | 活動

サンキュービデオ〜ルワンダの子どもたちへ運動靴を送ろう!

ルワンダから運動靴支援のサンキュービデオが届きました。御協力くださいました、皆様、本当にありがとうございました。国連婦人の地位委員会のセミナーでルワンダ大量虐殺から生き残ったMarie Claudineが言った「ゆるすことが大事!」「もし、命を助けてくれるのなら私の一生をルワンダの子どもたちへ捧げる。毎日難民キャンプで祈っていた」このことを聞いた時、私はいてもたってもいられなくなりました。想像もつかない困難をのりこえた、美しい笑顔に優しさとパワーみなぎったMarie claudineの存在は太陽そのもの。世界平和への希望を感じます。今回の支援は私がしたのではなく、皆さんの人を大事する優しい心が形になったのだと思います。本当にありがとうございました。Love you all! 運動靴は最終的には全部で303足送れました。

http://www.youtube.com/watch?v=e57hOzBVVc4&feature=youtu.be
[PR]
by izumi-yworld | 2012-07-18 22:53 | 活動

支援募集!東北関東大震災・共同支援ネットワーク

バリデーションセミナーをまとめているCLC(特定非営利活動法人 全国コミュニティライフサポートセンター)は「東北関東大震災・共同支援ネットワーク」(約40団体)を主にまとめています。現在も東日本大震災支援のボランティアと活動資金を募っています。まだまだやることは多いけれど、人材も資金も以前より少なくなってきているようです。何か協力できることがありましたら、よろしくお願いいたします。図は支援活動状況をまとめたものです。

http://www.clc-japan.com/jishin_b.html#02

e0070152_8593285.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2012-07-16 09:00 | 活動

バリデーション大阪セミナー

大阪バリデーションセミナーでは、バリデーションテイーチャーの関西福祉科学大学の都村尚子先生と久しぶりにお会いしました。都村先生には富士市でも2回バリデーション研修をしていただいています。都村先生のセミナーはわかりやすく、おもしろく、多くの人に知っていただきたい。自治体主催でバリデーションセミナーを開催したことあるのは、今までに富士市だけです。都村先生も自治体が関心をもって開催することは素晴らしいとおっしゃっていました。研修は継続していけば、多くの人に浸透し、力もついてくるとおもいます。富士市の介護福祉の充実にぜひ、バリデーション研修は継続していただきたい。

e0070152_221281.jpg


ナオミさんも、バリデーションを知っているという人が時々いるが、実はよく理解していない人がいると。それはワーカーになることも、テイーチャーのになることもとっても時間がかかることですし、ペーパーテスト、実習をしっかりとパスしなくてはいけません。その中で日本では確実にテイーチャー、ワーカーが増えていっています。力いっぱい応援していきたいです!
[PR]
by izumi-yworld | 2012-07-15 22:01 | 活動

車いす用ゲイト〜博多

博多の公園で、は乗り物ははいれず、車椅子は入れるように工夫した形のゲートをみかけました。実際どんな感じになるのかみたかったです。公園への乗り物乗り入れ禁止が結構厳しいですね。

e0070152_22102629.jpg


そして、政府刊行物を販売するセンターをみかけ、立ち寄り本を物色。

e0070152_2211039.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2012-07-11 22:12 | 活動

バリデーションセミナー2012 in 福岡

福岡でバリデーション講演終了後、ナオミさん、久留米大学の稲谷ふみ枝教授(バリデーション法のテイーチャー)、福岡、久留米、熊本で介護施設経営者の方々(バリデーションワーカー)や介護職員の皆さんと食事をしました。皆さんはとっても熱心でドイツにも研修にいかれるそうです。美味しい食事に、熱く介護ケアの話しができ、ナオミさんも皆さんも上機嫌で宴会はおわりました。九州地区のバリデーション浸透に大いに期待しています。ふれ〜ふれ〜きゅう〜う〜しゅう〜!

e0070152_22343195.jpg


羽田空港でみつけたクリアファイルを花瓶のようにしたてたものを購入。博多のホテルでさっそくお花を飾ってみました。気分がとってもいいです!

e0070152_22375015.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2012-07-10 22:34 | 活動

バリデーションセミナー2012

ナオミ・フェイルさんのバリデーション日本講演がスタートしました。初日の今日は210人強の方々が熱心に参加されていました。サイン会も長蛇の列でした。今年もダイナミック、感動的なナオミさんの講演をお楽しみくださいませ!
http://www.clc-japan.com/validation/seminar.html#vali2012

e0070152_21531710.jpg

昨夜、日本到着後、ホテルで遅めの夕食。

e0070152_2154419.jpg

今晩、セミナー終了後、新宿エル フラメンコでフラメンコを鑑賞しながら夕食をとりました。

明日は博多へ出発します。
[PR]
by izumi-yworld | 2012-07-08 21:59 | 活動

上和田子安地蔵尊大祭

今年も子安地蔵尊大祭が8月8日に行われます。ぜひ、お越しくださいませ!昨晩は上和田町内役員、組長会でお祭り準備の説明がありました。着々と準備は進んでいます。

e0070152_523142.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2012-07-04 05:02 | 活動

社会保障と税の一体改革関連法案採決

官僚利権根絶や無駄使いをなくすことをしっかりとやらないまま(やっているのかわからない)の消費税増税は反対です。社会保障に予算を多くとる、国民が安心になると思われる改革はしていません。

鳩山由紀夫氏「社会保障と税の一体改革関連法案採決にあたって」の考えを読みました。国家国民のために、心を同じくする肝のすわった人材とどんどん組んでいって欲しい。国民も雰囲気で流されるのではなく、自分の足でたって、良いと思うことを選択していきましょう。

http://www.hatoyama.gr.jp/activity/detail.php?id=92
[PR]
by izumi-yworld | 2012-07-04 05:00 | 政治

原発ゼロの会〜頑張れ国会議員

頑張れ〜、河野太郎さん。
http://www.taro.org/2012/06/post-1226.php

政策提言骨子の発表にあたって

~原発ゼロの会への参加の呼びかけ~

東京電力福島第一原発事故を踏まえて、我が国の政治がなすべき第一は、「原発ゼ ロ」に向かうという決断である。事故後、国民の中に広範に生まれた「原発ゼロ」へ の思いを受け止め、また、世界に向けて我が国の立場を明確にするためにも、政治が 原発ゼロにむけたしっかりとした論議と政策選択を行うべきと考える。

私たち「原発ゼロの会」は、本年3月下旬から、7党9名の衆参両院議員による準備会合を積み重ね、このたび政策論議ための骨子を発表するとともに、広く衆参両院議員各位に「原発ゼロの会」へのご参加を呼びかける。

この骨子は7本の柱からなり、原発依存ゼロとともに、使用済み核燃料の再処理も ゼロにするための具体的政策に加え、原発推進というこれまでの国家政策を改めるた めに、原発立地自治体の再生への道にも言及している。同時に、省エネ政策と再生可能エネルギーへの大胆な転換策を提言するとともに、大規模集中から小規模分散型へのエネルギーシステムの転換を含めた新しい経済社会構造を促す政策も加えた。そし て、エネルギー政策の決定と実施の過程における国民に開かれた議論の仕組みづくり も提言している。

私たちは、この骨子に基づき、来る7月下旬までには最終的な政策提言をとりまと め、国民的論議に付したいと思っている。参加する議員の各々が明確に「原発ゼロ」、 すなわち今あるすべての原子炉の廃炉と使用済み核燃料の再処理を行なわないとい う政治的意思を持つことを前提とする。また、参加される各議員は、有権者たる国民 にそれを自らの政治的公約とするとともに、その所属政党を問わず信念を持って実現 させることに全力をあげる。あわせて、国会の中でのエネルギー政策の論議の場とし て設けた「国会エネルギー調査会(準備会)」への積極的な参加によって、議論の活性化をはかることに努めるものとする。
ドイツでは、東電福島第一原発事故を受けて、全17基の原子炉を一旦はすべて止 めて、最も危険度の高いと判断された8基をそのまま廃炉と決定し、多角的な視点に よる国民的議論を経て、少なくとも2022年までに全原発の廃炉とすることを政治の 方針とした。事故当事国であり、まして常に地震・津波・噴火の危険にさらされてい る我が国では、もはやあらゆる意味で「安全神話」はなりたたない。今ある全原発50 基の危険を速やかに把握、公表し、何よりも国民・住民を放射能汚染から守るべ く、一日も早い危険炉の廃炉を実施するための政治的・経済的、国民的合意のあり方 も含めて「原発ゼロの会」の提言とする。


2012年6月 27 日


原発ゼロの会
民主党
近藤 昭一(衆議院議員)
逢坂 誠二(衆議院議員)

自民党
河野 太郎(衆議院議員)
長谷川 岳(参議院議員)

公明党
加藤 修一(参議院議員)

みんなの党
山内 康一(衆議院議員)

日本共産党
笠井 亮(衆議院議員)

社民党
阿部 知子(衆議院議員)(事務局)

新党きづな
斎藤 やすのり(衆議院議員)
[PR]
by izumi-yworld | 2012-07-04 04:55