<   2011年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

音楽から見えるもの〜富士市民大学

第2回目の講演は、富士市出身の歌手のやうこさんでした。着物姿で演奏&歌をいうスタイルは結構美しかったです。音色はしっかりとしていて声がきれい。素人の感想なのでさっと流してください(笑)市民大学ということで、苦労した話もということで、音楽の世界は男社会。女性性を売るような状況は拒否しプライドをもってやってきたそうだ。話を聞いていて、とっても芯があっていい人だと思いました。風評に流されない。自分の感覚で判断する。ともおっしゃていました。これから、私たち一人ひとりがこのように自分に責任をもって生きていったらどんどん世の中はよくなるとおもいます!これからも音楽の世界で頑張ってください。ありがとうございました。
http://ameblo.jp/yaukohime/
[PR]
by izumi-yworld | 2011-09-26 18:36 | 講演・講座

お姉さん、お兄さんと過ごしましょう!

学校にいくのも、仕事にいくのも、ちょっと行きづらい。そんな青少年の皆さん、富士常葉大学の生徒さんと一緒に遊んだり、勉強したりしませんか?この会は学生さんと子どもたちだけの時間です。
気軽にどうぞ!

不登校の問題に関わり、考えることがありました。親・先生・関係者の皆さんが頑張っている。でも、子どもたちが(特に思春期の子)欲している空間は、自分たちだけの時間、自分たちよりちょっと先をいくお姉さん、お兄さんとの存在ではないのかと。西尾市など近郊では自治体によっては、大学生を取り込み、成果をあげています。

富士常葉大学の増田啓子先生にご協力をいただき、ゼミの生徒さんに活動をお願いいたしました。

e0070152_11414253.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2011-09-20 11:42 | 活動

富士ミューズフルートアンサンブル

第28回目を迎えるミューズのコンサートにいってきました。http://www3.tokai.or.jp/museflute/index.htmlプロ・アマ混合のアンサンブルです。会場には子ども連れが多く、家族で楽しめる演奏会でした。演奏の合間にフルートの種類の紹介があったりと興味をそそりました。20代の頃、楽譜が読めない、音感ないのにフルートを演奏したくて茅原先生の門をたたき、教えていただいたこと思い出したりもしました。今思いかえせば、本当にありがたいことでした。会場に足を運び、音楽鑑賞に集中することは、心身の栄養になりますね!!よい一日でした。

ロゼシアターから眺める富士山は美しかった。
e0070152_1725541.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2011-09-18 17:31 | 文化・芸術

Share with FIAT この想い。つながる、ひろがる。

イタリア文化会館 東京にて社会貢献活動に関するイベント「Share with FIAT 2011 この想い。つながる、ひろがる。」に参加してきました。人々のために生きる仲間として、そして地球に生きる仲間として、いっしょに語り、いっしょに考えてみませんか。というイベントです。
e0070152_1361892.jpg

http://share.fiat-auto.co.jp/index.html?utm_source=topbanner
http://share.fiat-auto.co.jp/2011/event.html

それぞれの団体は人へのおもいやりの気持ちをを形にして活動をしています。
● 主催:
フィアット グループ オートモービルズ ジャパン株式会社
● 共催:
アジア女子大学
日本ブラインドサッカー協会
特定非営利活動法人ピースウィンズ ・ジャパン
特定非営利活動法人ルーム・トゥ・リード・ジャパン
特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International
● 協力:
イタリア大使館 イタリア文化会館

☆ジョン_ウッド氏の講演(Roomo to Read)
『マイクロソフトでは出会えなかった天職』の著者でもある社会起業家です。こどもの教育が世界を変える。と、世界中に図書室設置、児童図書の配布活動を行っています。情熱があれば、何でも形になってくのだと感じました。爽やかな笑顔でいい感じでした。
http://www.roomtoread.jp/

☆木全ミツ氏(女子教育奨励会)
after partyで聞いてみました。
「女性団体に所属しているのですが、世界的ネットワークがあるといっても、どうもっと活性化していけるのでしょうか?」
「ネットワークといってもただお友達のようにあの人しってる。この人しってるって話ではね・・・」
それから木全さんが今まで歩んできた男社会での生き方、日本の女性教育の歴史、家族介護など、様々なお話をしてくださいました。さらっといろいろなことをおっしゃっていましたが、いろいろな事を決断されて実行してきたのだと思いました。

勉強になりました!

☆大船渡商工会議所女性会太鼓
太鼓の響きはすごかった。体も魂もふるえます!こちらが、勇気ももらった気がします!
e0070152_138524.jpg

☆ティツィアナ・アランプレセ氏(フィアットジャパン)
日本人はファッションがいい。心のファッションはシェアね!シェアしましょう。
大震災の復興は女性から。
e0070152_137382.jpg

after partyで聞いてみました。
「フィアットは創業の時から、女性への支援を打ち出していたのですか?」
「ちがうわよ。フィアットはとても大きい組織でしょ。その中で私が日本のフィアットまかされているでしょ。だから、Me! 私がきめたの」

ナイス!

☆Table for Two
After partyでだされたTable for Twoのお食事がどれもこれもとっても美味しかったです!
http://www.tablefor2.org/index.html
世界の約70億人の人口のうち、10億人が飢えに喘ぐ一方で、10億人が肥満など食に起因する生活習慣病に苦しんでいます。この深刻な食の不均衡を解消するため、2007年の秋に日本でTABLE FOR TWOが創設されました。2008年末までの約1年間で、TABLE FOR TWOプログラムへの参加企業・団体数は100を突破。食堂から始まったプログラムは、一般の方にもご利用いただけるカフェへ、そしてネットスーパーやコンビニの食品へ、次々と広がっています。(HPより)

☆ASU-T プロジェクト 商品化3作品が決定 !!
バンタンデザイン研究所のビジュアルデザイン総合基礎科の学生30名が『Share with FIAT』をテーマにオリジナルTシャツ『ASU-T(アスティー)』※を制作。獲得票数の多かった上位3作品は『Share with FIATグッズ』として商品化。

女子学生に聞いてみました。
「デザインするときは、フィアットのこといろいろと想像しなが描いたのですか」
「はい〜。カフェフィアットにいったり、いろいろ調べて、そして、フィアットは女性向けの車だときいたので、そのことをも考えながらです〜」

がんばれ〜!
e0070152_13747100.jpg

約20年前、イタリアを旅しているとき、どこの町にいっても路上にぎゅっぎゅっと詰め込まれたように縦列駐車をしているフィアット500(チンクエチェント)をよくみかけました。町並みにあっていたというか、よくみかけたからなのか、とっても気に入ってしまったのです。日本に帰ってきてから調べたら、その当時は価格も高く、整備も大変そうで、ただみるだけで終わってしまったのです。そして、現在、昔のチンクエチェントに似たフィアット500が登場しました!なんか嬉しくなってします!愛車のフィアットパンダで十分に満足はしていますが。
今回イベントに参加して、社会をよくしていこうよ!っと他団体との協力をして和やかに輪を広げていることを実感できて、よりフィアットが好きになりました。
[PR]
by izumi-yworld | 2011-09-17 13:16 | 文化・芸術

心地よい日本語〜富士市民大学

富士市民大学後期がスタートしました。
http://www.city.fuji.shizuoka.jp/hp/page000013900/hpg000013808.htm

第1回 〜世界位置受けたい日本語授業〜心地よい日本語 金田一秀穂氏

話がおもしろくて、あっと間に時間がきてしまったって感じでした。

私たちは言葉を対話の道具としてつかっている。それは心地よく、仲良くするために。だから、様々な日本語を使い分けている。相手、場面、立場によって。これが適切・正しい日本語。

言葉使いがみだれているというけれど、語学専門家は「言葉が変化している」と、とらえるそうだ。たとえば、明治時代 ぜんぜんへいき。と全然+肯定形、しかし明治・昭和時代は、ぜんぜん+否定形をしよう。いまの平成は、全然+肯定形でつかわれている。

時代時代で言葉が変化しているけど、若者言葉で、それがよくなと思う言葉使いであれば、年上のものが、注意すればよい。アクセル(新しいことば、言葉遣い)とブレーキ(注意)の両方があるから言葉は健全は変化をしていく。納得。
[PR]
by izumi-yworld | 2011-09-17 11:35 | 講演・講座

わたしへのごぼうび講座 〜家族生活支援ワークショプ

富士市で家族生活支援ワークショップを開催します!
家政学者の皆さんが、毎日の暮らしで活かせる生活・対人スキルのヒントをお話します。親、子育て関係者、相談員、家族スキルに興味のある方は、ぜひ、いらしてください。

私は第1回目の講師をします。2〜5回目は担当者としています。気軽にきてくださいね。

e0070152_1658146.jpg


e0070152_16584890.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2011-09-13 17:00 | FamilyLifeEducation

19歳~22歳 の若者が水と塩のみで経済産業省正門周辺 でハンスト

「10~20代の若者達が9/11~9/21まで経済産業省前で新規原発建設計画の撤回、原発事故の損害賠償等を求め、座り込みハンストしています。若者たちの願いを行動にうつす力を応援します。

「将来を想うハンガーストライキ~コブシを使わず、拡声器を使わず、ただ食べずに想いを発信する」ブログ
http://hungerstrike.jimdo.com/
・・・・・・・・・
声明文

福島第一原子力発電所の事故で多くの方が故郷を追われ、また、暮らしそのものを奪われました。この原発事故が収束するまで、放射能が大気中と大地と海に垂れ流しにされます。

一度事故が起きてしまったら取り返しがつかなく、誰も責任が取れないことが明確になりました。

それだけではなく、原発は事故が起きなくても大量の温廃水などで自然環境を破壊し、何万年も管理しなくてはいけない大量の核のゴミを生みだします。

私たち若い世代には、すでに日本の54基の原発が生んでしまった、半永久に消えることない核のゴミと福島原発から漏れ続けている放射能を残されてしまいました。

しかし震災後も、新規立地計画されている上関原発建設予定地では、休みなく原発建設のための環境調査工事を進めています。
泊原発も国民になんの説明もなく営業運転を始めてしまいました。

私たち若い世代は、原発の負の遺産をこれ以上背負いたくありません。
そして最も放射能の影響を受ける子供たち、その子たちに繋がっていく命に、これ以上の負の遺産を残したくありません。

私たちは命の糧となる自然や、命そのものを大切にすることを政策に反映してもらうように請願し、ハンガーストライキを10日間行います。

これは、これからこの地球で生きていく私たちの願いです。



請願内容

内閣総理大臣 野田佳彦 様
経済産業大臣・原子力経済被害担当大臣      様
文部科学大臣 中川正春 様
外務大臣 玄葉光一郎 様
環境大臣・原子力発電所事故収束及び再発防止担当大臣       
・内閣府特別担当大臣(原子力損害賠償支援機構) 細野豪志 様

上関原発をはじめとする新規建設計画を白紙撤回してください。

放射線量が高い、福島県内や周辺の県に住む方々の健康管理や避難後の生活面での保障、また事故による損害の補償を行なってください。

各原発の再稼働を検討する前に、原発事故の危険性と事故の責任の取り方を全国民に説明してください。

福島第一原発のような悲劇を、他国で繰り返さないため、原発輸出はやめてください。

原発、もんじゅ、再処理工場など全ての原子力施設の廃炉と省エネ・自然エネルギーの社会に向けた方針へ転換してください。

以上

【請願者】           
山口県上関町民  岡本直也(20)
千葉県民     米原幹太(21)
愛知県民     関口詩織(19)
大阪府民    竹之下惟基(22)
大阪府民      松村元(20)
兵庫県民      釣琴美(27)
和歌山県民     田中希(17)
大阪府民     岡野朱里(19)
兵庫県民    児島げんき(18)
和歌山県民    深尾明加(18)
  東京都民     高橋雄也(20)
東京都民     佐倉直人(20)
兵庫県民     後藤樹声(16)
兵庫県民    児島いのり(20)
兵庫県民      谷幸穂(18)
山口県上関町民  東条雅之(27)
埼玉県民     須賀紗彩(20)
東京都民     河野夢以(18)
東京都民     藤原皓平(28)
埼玉県民     内田麻美(27)
大阪府民     久保陽平(18)
兵庫県民    児島こころ(22)
[PR]
by izumi-yworld | 2011-09-12 09:44 | 政治

地区運動会

運動会2種目に参加しました。子どもからお年寄りまでワイワイ参加します。即興でチームで作戦たてたりおもしろいものです。休憩場所で小2の女の子とおしゃべり。スプーンリレーで球を落とさなくできたそうで、かなり自慢げでした。昨年は5回おとしたでけど、今回はゼロだもんね。何度もいってました。来年も彼女も私もさらにパワーアップすることでしょう!
e0070152_2352055.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2011-09-11 23:52 | 活動

ふじさんっこ子育ナビ

お子さん、お孫さんと、こどもたちの成長を毎秒、毎時間、毎日楽しみにしている皆さん、静岡県内の子育て情報が載っています。なにか探しているときは、のぞいてみたらいかがでしょうか。また、民間で子育て活動をしている団体も、自分たちの活動を知ってもらうために問い合わせてはいかがでしょう。

http://www.fujisancco.pref.shizuoka.jp/

もっとほかの情報が欲しいときも、問い合わせたらよいと思います。そうすれば、どんどん静岡県の子育て情報が充実してくると思います。
[PR]
by izumi-yworld | 2011-09-07 18:24 | 政治

番町市民活動センター「NPO勉強会」〜第2回

e0070152_1931442.jpg静岡大学の日詰先生にいろいろと教えていただきながら、「NPO勉強会」がスタートしました。静岡県内から、NPO関係者、役所職員など20人ぐらいが参加をしています。「NPO再構築への道」〜パートナーシップを支える仕組みをテキストにして、活発に意見もだされています。

私が初めてNPOの存在をしったのはアメリカです。家族サポート関係の勉強をしていたので、ほとんどの家族サポートサービスがNPOであり、クラスメイト40人ぐらいはみんなそのような分野に就職をしていきました。大学院のクラスメイトはすでにnpoに就職をしていて、キャリアアップのために大学院にきていました。ですから、私にはNPOは他の民間会社となんら変わりのなく就職する場という感覚でした。2003年に帰国したとき、日本にもNPOが存在し、よいことだと思っていました。しかし、就職状況、寄付、助成金、NPOのあり方も多様でちょっと違う感覚をもちました。日本にも多くNPOが存在し、これから地域社会に貢献する存在だと思っています。この勉強会で、何が問題なのか、踏み込んで学んでいければと思っています。

NPOの目標と社会的機能〜先日の勉強会から

2点重要なこと
*社会的使命(ミッション)を基に事業が作られ運営される。
*財政的安定を確保には、地域ニーズの把握をしっかりとしており、寄付、補助金、助成金を得る、文書がかけ、プレゼンのスキルをもつこと。(これは私の意見ではなく、学生時代、現場実習をふくめ、学んだことです)
これらがぶれてくると活動がたいへんになってくるのではないでしょうか?

財政に関しては、もっと寄付、助成金が増えればよいと・・・。
次の章で取り上げられているので、そこでお話したいと思います。

今、ゴウヤがとってもとれますよね。これは市民活動センターでとれたそうです。
[PR]
by izumi-yworld | 2011-09-06 19:03 | 活動