<   2011年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ケーキ屋さん

e0070152_17571235.jpgケーキ屋さん「パティスリー・デ・ボア」のプレオープンPartyにいってきました。ケーキ10種類ぐらいいただきました!満足!大村シェフにフランスのお話も次回ききたいなあと思っています。おお喜びでケーキをほうばって写真をと、思ったときはすでにお腹の中に(笑)http://pati-bois.com/
[PR]
by izumi-yworld | 2011-07-27 18:00 | 日々の出来事

盛りだくさん~地球っ子サマーキャンプ

e0070152_17372853.jpgキャンプはエコクッキング、農業体験、星空観察、不耕起さいばいの田んぼ(耕さない農法)見学、自然観察、キャンプファイヤー、温泉ありと盛りだくさんの3日間でした。

e0070152_17362636.jpg甲陽園の5年生の女の子たち3人と一緒のテントに寝泊りしました。キャンプファイヤーでは3人で劇を、夕食時には手品の披露をしてくれました。ありがとうねえ!山ちゃんはみんなにまた会いたいよ~!

不耕起さいばいの田んぼe0070152_1738096.jpg
通常の田んぼと入った感触が違っていました。通常の田んぼはつかると足が吸い込まれる感じ、不耕起の田んぼは下がごわごわしていたりして着地点がある感じでした。かえる、ザリガニ、タニシなどがいて楽しかったです。

地球っ子広場くりのこでは、無農薬野菜を作っていました。トマト、じゃがいも、枝豆、おくら、ラデッシュとってもおいしかったです!ありがとうございます!e0070152_17402718.jpg

ご飯炊いて、野菜豊富なカレーをつくってたべました。みんな火のあつかい、包丁の使い方上手でした!カレーとってもおいしかった。e0070152_1742873.jpge0070152_17423393.jpg


自然の中にはいると、いつもみない植物をたくさんみることができます。ありの大群、とんぼの大群もみました。花びらをありの巣の中にいれてこすると薄ピンクの花びらが紫に変わりました。酸性になるからだそうです。虫の食べた笹は一列に大~小の穴があいていました。これは笹が開くまえに(棒状のとき)虫が食べているからだそうです。植物と虫の生活を聞いていると自然界の工夫が垣間見れてあっぱれです!多くの方々にお世話になったキャンプでした。全体写真をいただいたら、ここに載せますね。e0070152_17483216.jpge0070152_1749613.jpge0070152_17492365.jpge0070152_1750463.jpg
[PR]
by izumi-yworld | 2011-07-27 17:55 | 活動

日本語教室~多文化共生

日本に暮らす外国人の日本語を学ぶ環境は、よいとはまだいえない状態でありますが、地域で工夫し活動をおこなっています。3箇所見学にいきました。
*取り出し授業e0070152_21145054.jpg
小学校の授業中、大学生がボランテイアで教えていました。ひらがなのテキストを使って字を書く(覚える)練習。

*日本語教室~一対一からグループまで
富士にほんごの会で今までの活動を通して必要と感じた・思ったものをまとめ日本語教材を作成しました。ボランテアの人たちの研修をみました。ボランテアから日本語教師とさまざまの人たちが参加をしています。e0070152_21151616.jpg
http://fuji-nihongonokai.la.coocan.jp/









*みのり教室~15歳から20歳対象
e0070152_21165130.jpg日本語教師がテキスト、テープ、小道具などを使い教えていました。日本語を学びたい人たちをボランテアが市役所に送り迎えするようになっていました。交通手段も考えないとなかなか通えない現実も知りました。

静岡県国際交流協会http://www.sir.or.jp/では、放課後支援や取り出し授業について対応をし、今年度は県教育委員会との共催で学校の先生を中心に研修も開催中とのことです。7~8年前、取り出し授業をボランテアでしたことがありますが、そのときは学校の先生、校長とも手探りの状態でした。研修会に期待をしたいです。

外国で言葉が通じないことはとっても不便であるし、不安なことだと思います。ほんと、つらいですよ。ことばがわからないと。これが暮らすということになれば、職をさがすことにも大きなハンデイになるでしょう。1日も早く日本語教育の仕組みが充実してくることを願ってやみません。

以前、一般質問でもとりあげました。こんなこといいました。学校で日本レベルわけ指導、教科指導の整備、アドバイザーの設置、多文化共生アンケートを実施し住民の意識調査を・・・」

「外国人の暮らしのサポートを充実させることについて」ご覧ください。
平成20年12月19日 http://www25.city.fuji.shizuoka.jp/VOICES/index2.html

[PR]
by izumi-yworld | 2011-07-21 21:21 | 活動

「もうひとりの自分」の声を聞く

吉元由美さんのサロンに参加しました。テーマは「もうひとりの自分」の声を聞く~みんな宇宙に愛されている、でした。お茶やデザートを楽しみながら和気あいあいと楽しいサロンでした。「もうひとりの自分」とはなんなのでしょうか?本心、我欲のない自分、まっさらな自分だと思うので、その声をしっかりと聞いて行動をしていけば自分のためにも人のためにもよいことができていくのではないのかと感じています。e0070152_1846309.jpg

吉元由美さんの本『みんなつながっている-ジュピターが教えてくれたこと- 』
参考にしていただければわかりやすいと思います。自分の人生でおきたことを綴っている作品です。サロン参加者に由美さんの大ファンの方がいらして、あまりにも文章が好きで、昔本一冊書き写したといっていました。文章で人の心をつかんで離さない魅力をあらためて感じました!ありがとうございました。
[PR]
by izumi-yworld | 2011-07-21 18:47 | 講演・講座

極める

なでしこJapan!やったね!メンバーがいい顔していて、それだけで幸せな気持ちになります。これからも頑張って!サッカーファンでなくても、瞬間になでしこJapan応援団となり熱く熱く応援し、歓喜し、もろ手を挙げて喜んでって、知らぬ間に一体感をもてる日本人は人がいいですよねえ。いい気持ちになったところで仕事に遊びに皆さん大いに張り切りましょう!

先日、大学生にお願いしたいことがありお話をしました。知らぬ間に私は人生の持論を語りはじめていました。学生さんは相槌うちながら聞いていてくれたけど・・・。後で思ったな。「だから、あ~いう年寄りはうるさいんだよ」っていわれるおばさんになりそうな片鱗を自分の中にみた。ゾッとした(笑)

何事も道を極めるには努力そして努力。そして、どうのように表現をしていくのかはその人が磨き上げた人格かも。サッカーをきわめているなでしこJapanは美しい。私も見習って自分の道を極めよう。語るだけではまだまだ甘い、よね~。
[PR]
by izumi-yworld | 2011-07-20 20:50 | 日々の出来事

富士山

e0070152_23303514.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2011-07-19 23:30 | 富士山

総入れ替え

テレビを新型に変えた。友が購入したというテレビをたまたま見せてもらい、なぜか自分も同じものを購入した。テレビっ子でもないのに、今度のテレビは大きくて、機能がたくさんついている。使いこなせるようにしよう。

クーラーがつぶれ、パソコン機能が悪くなり、カメラもバージョンアップしたくなり、身近の電気系のものはすべてそう入れ替えすることにした。

部屋にしまってあった小さいときから今までの品もかなり処分した。写真以外ほとんどない。後は留学時の書類(もうかなりすてたが)と議会の書類を整理すればもう過去のものは何もなくなる。
[PR]
by izumi-yworld | 2011-07-19 23:10 | 日々の出来事

意見を出そう~ユース特命報告員

12歳~29歳の皆さん、生活のこと、社会のことについて自分の意見をどんどんだしてみましょう!内閣府では今年も「ユース特命報告員」を募集しています。http://www.youth-cao.go.jp/index.html

先日、名古屋の友が、中学生の娘の毎日の宿題が、新聞の記事をひとつ読み、それについてどう自分は考えるのかを書くことだといっていました。友も娘の宿題がないかぎり、新聞は読んだとしてもいちいち「私はこう考える」まではやらないといっていました。だから、娘の宿題があって自分も勉強になっていいよ~っと、いっていました。毎日の出来事に少しの時間を使って関心をもって考える。これはいいことだと思って帰ってきました。

私は毎日の生活のことや地域のことすべて、政治に関わることだと思います。しかし、地方レベルでも国レベルで選挙の投票率からみても政治に無関心、意味不明なところがあるのだと思います。政治は一部の人のためでもなく、すべての国民のためのものです。それは私たちの生活をよくしていくためのもの。ひとりひとりが責任をもって政治に関わることが大事なのです。だから青少年のときから自分の生活や地域のことに関心をもち考えることは日本の政治をよくしていくためにもとっても大切だと思っています。

(内閣府HPより)青少年に対する施策をより充実させるとともに、社会への参加意識を高めてもらうため、青少年のみなさん(ユース特命報告員)から、社会の様々な課題について、どのように思っているか意見を聴く仕組みを設けています。
[PR]
by izumi-yworld | 2011-07-15 12:27 | ニュース

スポーツは楽しい!

静岡県東部地区の障がい者の東部陸上教室のお手伝いをしてきました。東部地区特別支援学校の高校生が主にOGの35名が参加していました。(12歳から参加は可能だそうです)ソフトボール投げ、フライングデイスク担当でした。
個々に一生懸命に自分の記録に挑戦している姿をみて感動しました。それも結構楽しそうに挑戦をしているのです。やっぱりスポーツはいいなあ。本当にそう思いました。ここ数年、競争はだめだから順位をつけないと聞いたり、徒競走で自分が一番になれそうもないと最後の数メートルは流してしまうような場面をみていて、こどもたちはどうなってしまうのだろうか?と不安さえ感じていました。最後まで全力で頑張らないと次に進めないでしょう。何事もって思うのです。スポーツは目標に向かって自分を極める、努力することを学ぶのだと思う。教室は今秋の第11回全国障害者スポーツ大会山口大会に出場する選手たちに激励の言葉を皆でかけてアットホームに終わりました。

第11回全国障害者スポーツ大会山口大会スローガンは、
“君の一生けんめいに会いたい”
http://www.choruru.pref.yamaguchi.lg.jp/taikai/about/

今回の陸上教室に参加した後、このスローガンをみたせいか、本当にいいスローガンだと思う。
e0070152_20253310.jpg


リレーが大好きなようでした。
e0070152_20262732.jpg








先生方もボランテイアで参加してます。

e0070152_20292623.jpg





女子高体育会系出身
100キロマラソンに参加予定。毎日走りこんでいる(左女子)
東部陸上教室のまとめ役そして、障がい者にバトミントンも教えている(真ん中女子)
スポーツする前に基礎体力をつけたい(右女子)
[PR]
by izumi-yworld | 2011-07-11 20:37 | 活動

愉快な気分のトークイベントだった

田口ランディさんの日常と非日常の曖昧さを描いた『マアジナル』と『アルカナシカ』二冊の出版記念のトークイベントにいってきました。ゲストに苫米地英人さん、鏡リュウジさん、蛭川立さん、秋山眞人さんのお話がきけました。告知どおり、脳の認識の限界、哲学、仏教、ユング的象徴や潜在意識、UFOからシャーマニズム、そして神話について、実に楽しく聞けてサイコーの夜でした。ランデイさんとゲストの4人はとても知性的な人だと思うし、3次元と多次元をきっと楽しんで行き来しているような人たちというのが感想です。ハートで語るからこちらもぐいぐいと引き込まれるのかも。これからもばんばん本だして欲しいです!
e0070152_12344497.jpg


夕食は六本木ヒルズで野菜のしゃぶしゃぶをいただきました。満足の夜でした。
[PR]
by izumi-yworld | 2011-07-11 12:35 | 文化・芸術