<   2011年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

自由に遊ぶ~たんぽぽの会

月1で特別支援学校の親子で集まり遊びをしています。親は毎回、どんな遊びをしようかと悩でいますが、こどもたちは個々に好きなように遊んでいます。毎回、こどもたちをみていて、彼らの想像&創造力に驚いています。固定観念の世界ではなく宇宙規模で生きているような感じがします。彼らが集中しておこなっている遊びを社会で表現できていったら世の中がよくなっていくのではないかと感じるほどに迫力があります。

昨年の12月にクリスマスプレゼントが用意されたけど、そう執着していない子どもたちをみてなんかとても愉快になりました。物ではこの子たちはつれないのだなあ。手作りケーキはうばいあいだったけど。

親はこどもたちの将来の仕事(就職先)を心配しています。彼らの活動の場が広がるよう今から知恵をだしあっています。企業の皆様、障がいをもつ子どもたちの将来の仕事場として、考えがあればぜひ、ご連絡ください!

山下いづみ一般質問 平成22年6月25日
「障がい児長期休暇サポート事業」
http://www.city.fuji.shizuoka.jp/hp/page000025000/hpg000024972.htm


[PR]
by izumi-yworld | 2011-02-28 23:30 | 市政

不登校にかかわり

富士市不登校の会Izumiを発足して9ヶ月たちました。5人ではじまった会は今では20数人となり、静岡市、富士宮市で活動する人たちとの横のつながりもできはじめています。母親たちも明るくなり(もともとの素顔がでてきて)、参加された人たちがよいように影響されていったらよいと思っています。

不登校となり、学校や地域の人たちと孤立感を感じ、自尊心も小さくなってしまっていた(いる)保護者がとても多く、気持ちの格闘もよくわかります。こどもたちとは?親とはたくさんお話しますが、こどもたちとはたくさんできていないのが今の状況です。Izumi会のそれぞれの家庭環境は違いますが、共通に親が欲していたのは「居場所」でした。こどもたちは家の中にいるだけなので外の空気にふれるようにしたい。どうにかしたいと。

地元A-1スポーツクラブの好意で教室を使わせていただくことになり、週2回程度でフリースペース「居場所」をこどもたちの提供していくことにしました。初日の11日は14人(内こども4人)集まり、わいわいとすごしました。これから2ヶ月ぐらい様子をみようということになっています。

フリースペースのIzumi会の考えは、こどもたちが学校に行くように(行けるように)なるようにしたい。でも、今どうしても行かない(行けない)状態ならば、外の空気、家以外の人たちとふれあえるスペースを提供しようというものです。

Izumi会では、同じような経験のある横のつながりを広げていくことと同時に、富士市の教育機関と「学校」「教育」の2点について、お互いにとことん話しをしていこうと話をしています。協力体制は大切で別々になることは好ましくないと考えています。青少年相談所の保護者教室にこちらから出向きました。そして、担当の方々がIzumi会に参加くださるように案内を出しました。これから参加してくださることを期待しています。

全国で不登校に関連する会はいろいろとあります。Izumi会とは違い、学校にいかなくてよい、接触しなくてもよいという考えをするところもあるようです。私は不登校のことに関わり、この問題は日本の教育のあり方、社会のあり方をもう一度深く考えていくことではないのかと思っています。

山下いづみ一般質問 平成22年10月6日 
「不登校に対する教育委員会の取り組みについて」
http://www.city.fuji.shizuoka.jp/hp/page000027700/hpg000027602.htm


[PR]
by izumi-yworld | 2011-02-28 21:33 | 市政

動物愛護と殺処分

先日、動物たちとコミュニケーションがとれるアニマルコミュニケーターの記事を読みました。記事には、捨てられ、処分されるそのときも、飼い主が迎えに来てくれることを信じ待ち続けている。そして、遺体から離れた魂の多くは、飼い主の家をめざして・・・・と書かれていました。動物たちの愛深さに涙がとまりませんでした。

以前、動物愛護ボランテイア意見交換会に参加しました。司会者が「それぞれの団体の活動を尊重して誹謗中傷はしないように」みたいなことをいわれたときは、びっくりしましたが、それぞれの動物愛護への気持ちが強いということは理解しました。

静岡県内では約6700頭〔21年度〕もの犬・ねこが殺処分をされています。http://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-510/seiei/inu/4ikendat.htmlまた、野良猫の扱いで近隣住民とのいざこざがおきる今日です。自治体によっては地域猫として地域でえさやトイレ当番をきめているところもあります。また、殺処分ゼロの取り組みをしていくところもあります。

山下いづみ一般質問 平成20年6月26日
「静岡県動物愛護管理推進計画をうけて」
http://www25.city.fuji.shizuoka.jp/VOICES/index2.html

小学校の頃から今までに犬を3匹飼っていました。3匹目の犬ファイトが亡くなってからもう飼わないときめていたけど、5年前に野良猫がいついて今では我が家のお坊ちゃまになっているにゃんこがいる。とっても可愛いいです。人はふてぶてしい猫といいますが。
[PR]
by izumi-yworld | 2011-02-22 10:26 | 市政

表と裏

おじ様方からときどきこういう言葉を聞く。「政治の世界は表と裏がある」「裏の世界がこれからわかってくるよ」と。政治の世界だろうとなんの世界だろうと、裏表があるのなら、それは人間がつくりあげたもの。人間の欲が作ったものであり分野ではないと思う。

本来、人は赤ちゃんのように、ただ純粋で愛らしい。どのように成長をしていくのかは、実は自分の意思、自分の選択だと思う。

人にあうとスポットライトがあたっているかのように眩し見える人、明るく見える人、またうす暗くよどんで見える人がいます。ようは自身の心の清らかさ、透明さがその人の空気となってみえるのではないでしょうか。「裏の世界・・・」という人たちに光りを差し上げたい。

私も光りを補給したい。
[PR]
by izumi-yworld | 2011-02-21 21:41 | 日々の出来事

今泉地区駅伝大会

e0070152_23444857.jpg今朝の駅伝大会は小学生、中学生が多く参加していました。その中でおもしろいチームを発見しました。彼らは、全国のいろいろなマラソンに参加しているそうで、れっきとしたチームでした。マスクかぶって顔むれないの?

議員で駅伝チームを結成したらどうか?なんて冗談もでましたが、チームにならず個人で太めのたすきをかけて先頭を走るのは好きな集まりかもしれませんね(笑)
[PR]
by izumi-yworld | 2011-02-20 23:50 | 議員生活

施政方針

2月定例会が始まり、資料集め、読みにはいっています。主に、平成23年度の予算を決める定例会です。毎回一般質問をしていますが、今回は会派(女性3人でグループを組んでいます)の意見を集約して、代表質問に挑戦します。 いつも勉強に追われている感じです。

議員になって人前で話す機会が増えましたが、自分の意見、気持ちをまとめて話すことは、頭が整理整頓されていないか、もしくは心がすっきりとしていないとめちゃくちゃになってしまいます。講義とまたちょっと違う感じです。今日は社交ダンス発表会に招待され挨拶しましたが、ダンサーたちの迫力に圧倒されかなり言葉がとんでしまったような気がします。ダンスをしている方々は姿勢がいいです。美しい。

姿勢がいいと美しい。施政がいいと街がよくなる。「しせい」大事です!
[PR]
by izumi-yworld | 2011-02-20 22:39 | 市政

富士山の日

twitterもやっているが、ここ数日ページエラーがでてスムースに書き込みができない。ブログアップの回数がへったので、こちらをもっと強化しろというサインなのかな?

今週末もイベント参加で終始した。県で富士山の日が制定され、富士市でも主旨に賛同し、わざわざ富士山フェアが設けられ行われた。わざわざという言葉も変だと思うが、富士山の麓に住む私(たち)にとっては富士山はすでに心身の一部、私の中にあるといっても過言ではないのです。なんでわざわざフェアをやる必要があるのか?と感じていたわけです。が、フェアに参加してみると、富士山にちなんだことが盛りだくさんで結構楽しめました。単純です。

富士山は大好きなので、いろいろと富士山にちなんだブースがあると、嬉しくなってしまうのも当たり前ですね。富士市では今回、はじめて2日間にわたり行いました。参加された方々、企画をした方々の意見、感想をきいて、次のステップになればよいと思いました。

富士山!万歳!
[PR]
by izumi-yworld | 2011-02-20 22:26 | 議員生活

雪のなかで

山の中を抜けていくと
雪におわれた広い空間があらわれた
太陽の光が一身にその広場を照らしていた

誰もいない
何もない

一歩足を踏み入れると
スーッと足が雪にうもれる
また一歩足を踏み入れると・・・
気持ちのよい感触だけが残る

雪は光りに照らされきらきらとしている
まわりをみわたせば
光りのシャワーの中にいるかのように
きらきら きらきらと空気が踊っている

心も身体も宙に浮き
すべての重力がわが身から離れていく
自我、エゴ、私がなくなり
そして
宇宙と一体になっていった by Izumi Yamashita
[PR]
by izumi-yworld | 2011-02-14 22:23 | エッセー

整理整頓とお香

家の中も車の中も、自分の気持ちをあらわすかのように、ちらかっていた。車も丹念に洗い、最後にはお香もたいた。部屋も掃除し、物を捨てて、お香を何本もたいた。部屋がちらかていると頭もうまくまわらなくなる。いらいらしたらまずはそうじをすることだ。

香り好きなので、いい香りのものにはすぐに手がでる。先日、小さなお店にはいったらいろいろな種類のお香がおいてあった。ラベンダー、ミント、堀川のお香を購入した。

部屋も車の中も整理整頓して、気分もすっきり。お香を楽しむことにする。

お香は邪気をとばすってきいたけど。この間、友はいわしをつるすと邪気をとばす。っといっていた。
はて?
[PR]
by izumi-yworld | 2011-02-06 00:27 | 日々の出来事

多文化共生~大学女性協会静岡支部

大学女性協会静岡支部では、多文化活動事業として県内で外国人の生活支援に力を注ぐ団体5つ奨励金をだしました。支部では一昨年「外国人の暮らしやすいまちをめざして」のシンポジュウムを開催、全国セミナーで発表をし、これからは地域で外国人支援に力をいれている団体とも協力をしていこうとなったのです。

贈呈式&新年会では5団体が一同に集まり親睦をひろめました。
http://shizuokawomen.blog2.fc2.com/

テーブルではこのようは話がでました。

日本では外国人生徒の教育、日本語教育の土台づくりをしっかとやっていない。早く整備したほうがよいとおもう。

国は移民問題をしっかりとりあげるということをまだしていない。

移民問題?数ヶ月、数年でも日本に滞在している期間、しっかりと教育をうけることができないことが問題だとおもう。

いろいろと考え、意見はあると思いますが、国では「移民」という点から物事考えているので、まだ時間がかかりそうな気がします。外国人の教育支援は自治体がどんどんやっていくほうがよいと強く感じました。こどもたちの学ぶ環境が宙ぶらりんになっていることは、望ましくありません。


2008年11月議会〔12月19日〕
山下いづみ一般質問 「外国人の暮らしのサポートを充実させることについて」
http://www25.city.fuji.shizuoka.jp/VOICES/index2.html
[PR]
by izumi-yworld | 2011-02-03 12:59 | 日々の出来事