<   2010年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今日の富士山

e0070152_22132757.jpg

ぼんやりと見える富士山はいかがでしょう。
[PR]
by izumi-yworld | 2010-02-25 22:13 | 富士山

陳情~新環境クリーンセンター建設について

クリーンセンター建設に反対する近隣の住民の方々から陳情がでました。今回は新たに違う地域の近隣の人たちも含まれています。議会では平成15年1月に、「住民合意」のもと、建設を了承しています。この「住民合意」ができずに6年が経過しています。市(特に市長)が反対する住民に対して、しっかりと話にいくことが、必要だと思います。今回、市は新たに反対を表明した地域の方々のところにも足を運び、説明にいくことになり、引き続き、反対委員会へも足を運びます。感情のもつれは、心をもって話にいく、態度をみせることで、はじめて、話し合いをしようと思うのではないでしょうか。
[PR]
by izumi-yworld | 2010-02-24 17:13 | 市政

請願書のあつかい

今回の議会で請願書が2つだされ、一つは不採決。もう一つは採決となった。採決となったのは「永住外国人への地方参政権付与の法制化に反対する意見者」です。採決されたので、富士市議会として、国に提出します。が、今回意見書をだすことに賛成者20人、反対者17人と拮抗しました。私は半々ぐらいの人数では富士市議会として出すことに疑問を感じます。しかし、細かい決め事がありません。今後、採決については、賛成者三分の二以上ならば、提出にするなど、議会で話あいをもったほうがよいと思います。これに関しては、代表者会議で、話をだしてもらうようにお願いをしました。

「永住外国人への地方参政権」については、国会では法案提出の予定はなく、したがって何をもって永住外国人への地方参政権付与なのか、何も議論もされていません。ただ、外国人はだめ、ただ、外国人もよいということで、まわりが大騒ぎするのではなく、今後、永住外国人に対し、選挙権付与することについて慎重に話しあいをすることが必要だと思います。
[PR]
by izumi-yworld | 2010-02-24 17:12 | 市政

新渡戸道子気功太極拳ワークショップ

週末(19~21)、気功太極拳の合宿に参加してきました。友に誘われて、考えなしにひとつ返事で。ふだんがさがさと気も身体もせわしない生活をしていたので、ゆっくりと体を動かす気功は、ことのほか心を落ち着かせ、「あ~気持ちいい~」 時間でした。フレンチもイタリアンもマクロビオティックランチボックスも温泉も極上でした。至福の喜び!

参加者20名全員女性で、年齢も職業も出身地もちがうけど、女子高の仲間のようで、とっても楽しかったです。気功太極拳は「自律」がテーマだったと思います。「自分で自養する」って私の念願である日本での確立、family life education(家族生活教育)と考えが同じです。

自分のことは自分でする。人に迷惑をかけない。簡単のようでうっかりするようなことを、合宿に参加された皆さんが意識的でも無意識的でも気をつけているから、居心地がいいのだと思います。それとけっこう素直に人のことを褒めたり励ましたりするのです。

世の中がよくなるように。争いのない世界になるように。これはひとりひとりの意識が大切であると思います。だから、参加された人たちの存在が嬉しくて嬉しくてしかたがなかったです。こんないい人たちがいるのだから、世の中よくなるしかないのです。いまよりも、もっともっとです。個性派ぞろいで、実に興味をそそる人たちでした。改めて、発案者の田口さんの人力を知る。これからもよろしくねえ!

なんとなく参加した気功太極拳、思いのほか気持ちよかったので、続けてみようと思います!(実はもう型がわからなくて、ひとりではできないのです)新渡戸先生、よろしくお願いいたします。
[PR]
by izumi-yworld | 2010-02-24 17:10 | 日々の出来事

2月議会スタート

国際交流フェア、本会議、委員会、食育シンポジュウム、勉強会、書き物、会食そして・・・。と日々をこなしていたら、ブログは更新をしていなかった。頭の中で文章が浮かび、書き込んでいるつもりであったが、あれは妄想であった。結構な名文だったと思うが・・・。

2月議会始まっています。
[PR]
by izumi-yworld | 2010-02-17 11:22 | 議員生活

これから資本主義はどう変わるか

五井平和財団が推進する”新しい文明を築く”イニシアテイブとして、世界の英知を集めた書籍「これから資本主義はどう変わるのか」を出版されました。http://www.goipeace.or.jp/japanese/ho/2010/announce1001.html待ちにまっていた本です!財団主催のシンポジュウムで著者のビル・ゲイツ氏、ビル・ドレイトン氏、田坂広志氏のお話を聞いたことが、ほんと、勉強になるし、世の中をよくしていこう!って気持ちが湧いてきます。本を読んで、みんなで語りあいましょう。
[PR]
by izumi-yworld | 2010-02-07 22:53 |

幸福家庭123

e0070152_20141760.jpg「幸福家庭123」は台湾の家庭教育センターで出版している親子のことを記した本です。1.2.3の意味は1日20分、親として子どもとできる3つのこと。1.読書2.遊び3.ふれあい。これってとっても大切なことですよね。毎日数分でもいいから(一緒にいる日の数分でいいから)子とふれあうこと。親がこのことを習慣づけると、親として不安がかなり解消されるのではないでしょうか?子も親に安心感がでてくるし。幸福家庭1.2.3の可愛いメモパット、鉛筆、消しゴム、バッチ、ステッカーなどグッズもあります。コレクター化しています。(笑) 
[PR]
by izumi-yworld | 2010-02-07 20:14 | FamilyLifeEducation

ことわざ英語かるた大会

お知らせです。
3月14日(日)ロゼシアター4階和室 9:30 ~エントリー開始。 *参加賞、参加認定証、メダル、副賞がもらえます!*参加費1.000円。住所、氏名、電話番号 年齢、学校名、学年、職業を明記してe-mailかハガキでお申し込み下さい。*ゆうゆうポイントラリー 対象事業。参加者(小・中・高・養護学校の児童生徒)に2ポイントが付きます。50ポイントに達すると認定証が発行され、進学・就職の際に自己アピールすることができます。(静岡県教育委員会が推奨しています)また、審判などボランティアスタッフも募集しています。主 催:ことわざ英語かるた実行委員会 後 援:富士市教育委員会他 問合せ/応募先(担当/さぎさか)☎60-5088 mail:karuta@ wonderrabbitclub.com  http://www.wonderrabbitclub.com
[PR]
by izumi-yworld | 2010-02-06 20:27 | ニュース

立春と雨水のとき食べるもの

最近、食事を気をつけるようになったので、雑誌を開いても、食べ物の記事に目がとまる。人民中国2月号の記事から。

*2月4日(立春) この日は肝臓にやさしい、養う食品をとるとよい。日本の食材でいったら、ねぎ、にら、落花生など。
*2月19日(雨水) この日は軽くて吸収しやすいものがよい。おかゆとか。百合、山芋、大根など脾臓の気を養うもの。

七草がゆは食べましたか?私はうっかりしました。立春と雨水で挽回します。
[PR]
by izumi-yworld | 2010-02-02 22:40 | 日々の出来事

財政の勉強に、東京まで

昨日、自治体政策特別講座を受講してきました。http://www.copa-web.net/12ksp.html  3講師の方々から分権、予算、地方格差などいろいろな角度からのお話です。ピンポイントだけ書き込みます。

○こども手当てについて~年金、介護は社会化し、支給されているのだから子ども手当も同じように社会化することは望ましい。
Q 年金、介護保険は自分で支払っていて、子ども手当はそうではないのに?
A.すべて、はいるものは課税ベースにすればいいのです。(全て収入としてあついかい、それに見合った税金をはらうということ)
○社会保障の国際比較をみて~日本は障害・秒無、災害、傷病・家族・積極的労働政策・失業などに対して支出が少ない。(国立社会保障・人口問題研究所HP)
○地方財政健全化について~健全かどうかは、各自治体で基準づくりをやること!国でだしている目安は、必ずしも自治体の個性にはあっていない。この点はさらに勉強が必要。配布された本 「予算・決算 すぐわかる自治体財政―バランスシートから財政健全化法まで」イマジン出版
○地方格差とは~1990年には格差は問題にならなかったのに、なぜ2000年半ばから問題に?それは、1990年年ごろは財源供給システムが機能していた。つまり財源保障されるべき自治体が、保障されずに放置されたことで地域社会が崩壊した。これは、ただ困っているところ、無駄に使っているところにお金を回すというものではなくて、地方交付税を決めるのに、交付税の「段階補整」というものがある。維持のための最低ラインを崩してしまったことが地方窮状につながった。地方格差の問題へは、「地方交付税・財源保障の復元」と「農林水産業の復興」が必要。
○格差是正にならない「税収調整」~格差には2種理ある1.税収を中心とする収入の格差2.行政のコスト・ニーズの格差。片方だけをみても是正はできない。

地方分権いや地域主権となっていくであろう今後の希望は地方議員の働き。と、いう励ましの言葉をいただき、研修は終了しました。

今日は、午後から委員会です。
[PR]
by izumi-yworld | 2010-02-02 11:14 | 議員生活