<   2010年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

札幌まで

1泊2日で札幌までいってきました。インド旅友の素敵なおば様(70過ぎて、パワフルな人)のお見舞いです。夏にたおれ、その時はもうだめだといわれていたのに、びっくりの回復力。それにますます若々しく、肌もきれいで、こちらがパワーをもらったくらいです。一緒にいったのは同じ旅友、作詞家の吉元由美さん。http://warp.typepad.jp/yumi/この方も素敵な女性です。20代の頃、「こんな内面から美しい女性になりたい」と、憧れた大人の女性像そのもの。それにめちゃくちゃ話がおもしろいし。

たった1日だったけれど、元気な顔をみれたし、ゆっくりできたし、いろいろとお話できたしと、有難いひとときでした。札幌どうだったって?テレビ通販でやっていた「雪でも大丈夫。スパイクシューズ」がとってもよさそうでした。札幌では爆発的人気なのでしょうか?
[PR]
by izumi-yworld | 2010-01-28 20:34 | 日々の出来事

まちづくり報告会

今夜は今泉地区の市民活動事例を聞いた。1年中、式典、行事、シンポジュウム・・・etc.と出席しているけど、それでも全ての活動を細かに知ることは難しい。一部ではあるけれど今日はよく知ることができてよかったと思うと同時に、住民のみなさんの日々の活動に感謝したい。そう思いました。ほんの少し活動の紹介を。

1.わき水田宿川委員会~30年もの活動を行なっています。「自分たちの生命、財産は自分たちで守る」と。
2.生涯学習推進会~地域のカーブミラーもお掃除しています。ニュースポーツ、キンボールしています。
3.放課後こども教室「よりみちホットルーム」~遊びの後、ボランテイアさんが下校のお手伝いしています。
4.善得寺まつり~平和の発信地。子どもから大人まで楽しんでいます。

持続・継続・勤勉に感謝します。ありがとうございます。
[PR]
by izumi-yworld | 2010-01-26 21:21 | 議員生活

朝から晩~横浜

e0070152_1055418.jpg先週、「自治体の戦略~小規模多機能型居宅介護で今後のまちづくり~」に自治体職員、事業者の方々に混じって参加してきました。http://www.shoukibo.net/index.html小規模多機能ができた背景、現在とり組んでいる自治体の事例を午前から夕方までみっちり聞くことができて、富士市でどうやっていけばよいのか、多くを学びました。今後の富士市をお楽しみに。

さて、横浜ということで、ちょっとおしゃれにお茶でもしたいと、朝、早くでかけていった。でも、早すぎてどこもしまっている。ファーストフードのお店で朝食を頂き、セミナーに参加。昼休みを利用し、ショップめぐりをしたけど大人の感じの抑え目の色でフリルのついている服が多くて、これは私にはあわんなと、買い物できず。さて、セミナーが終了し、家具屋で寝室、書斎、リビングの家具をあたかも人生のパートナーと住むような口ぶりで説明を聞いた。なぜ、そんな展開になったのかわからない。ビルをでる途中でなぜか中華街特製、パンダ靴下の店にはまり、手をだした。どこでこの靴下はくのだろう?かわいいけどね。ビルの外にでると、夜景がきれいだった。おいしい食事をしたいとうろうろとしたあげく、駅構内で今、一番人気と書いてあったシュウマイとチャーハンのお弁当を新幹線の中で頂き、帰路についた。こんな1日もありか。
[PR]
by izumi-yworld | 2010-01-26 10:55 | 議員生活

文化をささえるミーティング

芸術鑑賞が好きで、国内外問わず、どこにいっても美術館、博物館に足を運びます。しかし、芸術にふれたいと思ったときは、富士市の外にでる。ということに気づいたとき、愕然とした。富士市では芸術にふれることはできないのか?そうではなく、芸術文化の薫りがあまりしないので、外にでてしまうのです。これでは悲しいですよね。

今週、「芸術をささえるプロ」を充実させるための公開会議に参加しました。静岡県文化振興基本計画では、芸術家や市民芸術団体等を「つくる」活動、芸術鑑賞により豊かな生活を享受する「みる」活動、それらの活動を「ささえる」こと3つを柱としています。

東京藝術大学の熊倉先生、富士市の彫刻家漆畑さん、フィルムコミッション伊豆の板垣さん、NPOウォータービジョンの松浦さん、静岡文化藝術大学の片山先生、伊豆市観光協会の加藤さんのお話を聞くことが出来ました。文化芸術に対する意識がとても大切だと思います。大人ももちろんですが、こどものときから、感性を育てるような環境があればいいのかと思います。たくさんの芸術作品にふれることは、感性も研ぎ澄まされるし、将来、いろいろな事柄に出会っても、本物を見抜く力にもなると思うのです。いろいろと案も質問も浮かんでいるので、もう少しお話を伺おうつもりです。

過去に芸術作品をみて、感動して大泣きした場所はベニス、フィレンツェ、ウイーン。今、芸術鑑賞したいところはフランスとロシア。いついけるかなあ。
[PR]
by izumi-yworld | 2010-01-26 02:04 | 議員生活

自分と意見の違う人と

富士市国際交流ラウンジ(FILS)の支援・育成部部会では外国人のサポートについていろいろと話し合っています。外国の人たちが暮らしやすまちに。日本人にも異文化の理解を深めてもらおうと、参加者の思いは温かい。今月は異文化理解ワークショップのふりかえり、外国人保護者懇談会の計画など話あいました。

異文化理解ワークショップでは、参加者の中で「国ごと考えが違う。同じ国でも考えが違うときがある」という気づきが。ついつい自分と違う意見をいわれたり、態度をとらえると気分が悪くなるし、あちらの方が悪いと、こちらもかたくなになるときがあります。でも、それでは何も良い方向に解決はしないということです。相手も認めて、自分の考えもしっかりと伝えることをすることがよいと思います。

同じような考えをする人同士、グループになることは自然ですが、グループだけで生きてもつまらないと考えます。私はグループで生きるのではなく、自分を含めた、全体で生きたいと思うのです。人と人の間に壁のない世界です。

以前、ひとり暮らしをしているとき友が部屋に遊びにきて、「いづみの部屋、なんでこんなに世界中の物がいっぱい置いてあるのに、こんなに調和されてるの~」といいました。これだと思うのです。それぞれの個性は全体の中でぬきんでるものでもなく、おかしなものでもなく、自分のままで、まわりと仲良くしていけるものだと。

などという今の私は両親と猫と暮らし、親と私は生き方が違うと、ベルリンの壁ならずいづみの壁を作り、猫が私たちの間をとりもちをしているという日々。人生は修行です。
[PR]
by izumi-yworld | 2010-01-26 01:18 | 議員生活

地方議会改革について

東京財団政策懇談会「地方議会の改革―ニセ議会基本条例を斬る2-」に参加しました。http://www.tkfd.or.jp/research/news.php?id=537

議会基本条例3つの必須要件
1.議会報告会―議会が市民に出向き報告をする
2.請願・陳情者の意見陳述
3.議員間の自由討議

68議会基本条例の分析結果
3つクリアは66%45議会
3項目全て◎は8議会

政策提言
1.議会基本条例の制定過程に市民の参加と情報公開を図ること
2.議長の選出方法を公開にすること
3.議会事務局職員を独自に採用すること
http://www.tkfd.or.jp/admin/file/pdf/lib/26.pdf

2007年に初当選し、はじめて議会を体験したとき、「これでいいのかなあ?議会って。へんな感じ」と思ったことが政策提言にでている2と3です。議長選は個人がよいと思う人を投票すればいいのに、会派間で調整するのはおかしい。市長と議員は対極にあるのに、市の職員は異動で課がかわる。また、市長の下で働く。議会の下で100%心も力も出し切れないのでは?また、政策について調査研究する人材が必要。条例制定に関わらず、市民の参加と情報公開は大切だと思うけれど、それがあまりなされていないと感じている。これも改善の余地あり。意思決定機関なのに、行政側に個々に質問するだけで議員間の自由討議がないのは不完全燃焼。議員間でも意見が違うときがあるのだから、しっかりと討議したほうがよい。それによって決定する。議決をすることが強い議会(首長にとっては恐い議会、市民にとっては信頼できる議会)になると思う。

2008年4月JIフォーラム 「地方議会は必要か」に参加したとき、アンケートに書いたこと

Q地方議会に対してどんな問題意識があるか?
A 議員になり1年たちましたが、議会で議員たちが議論したことが議長選ぐらいではなかったかと思います。教育、福祉にしろテーマを定期的に議論するなどしていかなければ議会そのものがレベルアップしていかないと思います。組織や党がない私のような者は、個人でよいものを探し、勉強をしていってもできることはほんの少しではないのかと感じます。・・・・・・
[PR]
by izumi-yworld | 2010-01-26 00:31 | 議員生活

写真&絵画&音楽

心の健康のために大切にしたいものが3つあります。

1.自然の中に身を置く
2.芸術に触れる
3.本を読む

先週末、午前はアート、午後は音楽とまさに芸術に触れる日でした。また、夜は友人の娘さん(私と同じ年)の結婚披露宴のDVDを見せてもらい、私の結婚について妄想を膨らますという、おまけつきでした(笑)

横井照子美術館で福原美那枝氏の写真展を見ました。「うっわぁっ。これ絵画?」写真が絵画のように観えて、一つひとつの作品に引き込まれそうになるくらい素敵な写真でした。福原さんのお写真もみましたが、とても品のある方で、まさに、年を重ねるからこそ美しいといわせるような人でした。88歳ですよ。友と一緒に、「ほんと、心洗われるよねえ」と、嬉しいひと時をすごせました。

写真といったら「風の旅人」http://www.kazetabi.com/がお気に入りです。写真と奥深い文章に、魂が揺さぶられる思いがします。
[PR]
by izumi-yworld | 2010-01-26 00:28 | 文化・芸術

重みのある声
柔らかみのある声
すがすがしい声

軽々しい声
威圧感のある声
虚栄の声

声にもいろいろとあるものだ

言葉じりに惑わされず
真の声をとらえてみよう  by Izumi Yamashita
[PR]
by izumi-yworld | 2010-01-19 22:24 | エッセー

アロマ三昧

以前、エジプトのアロマショップで購入したアロマオイルがそのままになっていた。すでに何の香りで、どういう効能があるのか忘れてしまっている。(笑)ほのかなろうそくの灯りと甘い香りにいい気分になっている。
[PR]
by izumi-yworld | 2010-01-19 21:56 | 日々の出来事

死について

最近、訃報がよく届く。50歳~90歳と年齢もまちまち。死が永遠の別れではないとは思うけど、肉体が目の前からなくなってしまうことは、虚無感にかられる。じつは自分の死についても結構考えている。心に描いている夢を現実にするためにも、1分1秒を大切にして、生きていこうと思う。

皆さまの天命がまっとうされますように
[PR]
by izumi-yworld | 2010-01-19 21:52 | 日々の出来事