<   2009年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

フル回転

11月議会がはじまっている。体も頭もフル回転。それに健康管理にと、ウオーキングしたりジムにいったり、(ただし、食欲はおさえられていない)超フル回転。そして・・・腰痛になってしまった。今度は、接骨院にも通っている。やっぱり毎日フル回転だ。腰はいたいけど、マッサージがとても気持ちがいい。高校時代にも怪我をして通ったが、そのときよりも、機械が進化していた。新しいことを体験するのも、またおもしろい。フル回転の日々にも愉快なひと時がある。
[PR]
by izumi-yworld | 2009-11-26 20:25 | 日々の出来事

議会基本条例

議員研修で「議会基本条例について」勉強をした。(12日)富士市議会では、議会の機能をもっとよくしようと、考えている。市民にとったら今頃~って感もあるかもしれません。「何しているのか、よくわからない」といわれますから。一つの案として議会基本条例策定があります。各議員、それぞれに考えがあるので、ただいま勉強中ということになる。若い講師の方にきていただいたが、たいへんだったと思います。だって、個性派ぞろいですから。

先進事例で、以前他の研修でも話を聞いた会津若松市http://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/ja/gikai/index.htmが魅力的に感じます。市民との意見交換会、政策討論会や、議員が視察団対応(議会条例について)をしているなど、活気的なことを行なっています。

富士市議会、よく話し合っていきましょう!
[PR]
by izumi-yworld | 2009-11-25 20:44 | 議員生活

ゴミの処理方式

今後、「ストーカ+灰溶融方式」「直接溶融方式」「ガス化溶融方式(流動床式)」に新たに「ストーカ方式+焼却灰の外部施設での資源化(セメント化等)」加えて検討していくとの報告があった。(10日)理由としては1.溶融炉に対する地元の不安と懸念2.焼却灰の処理状況~国庫補助事業の交付要件など変更。ゴミの量も減ってきており、センターの施設規模は「日量270㌧以下」を想定している。建設規模も年数がたち、小さくなってきて、ごみ処理の方式に対しての国の考えも変わってきている。自治体は住民の安全を第1に考え、国政に翻弄されないよう、頑張りたい。住民からの質問等に関しては、今後は研究者や、メーカーさんからの説明も考えている。
[PR]
by izumi-yworld | 2009-11-25 20:21 | 市政

芸術に触れ

尊厳たる態度で建つ建築
重量感のある絵画
キーンと張り詰めた表面から垣間見る内面のやわらかさ
彫刻の隙間から流れでるエネルギー

何度となく、いつとなく、ひれ伏したことか
何度となく、涙を流したことか
純なる存在を前にして
鎧を脱ぎ捨て、素になることのほか術はない

芸術とはすなわち生命の根幹  by Izumi Yamashita
[PR]
by izumi-yworld | 2009-11-25 13:51 | エッセー

富士山観光交流フォーラム

第2回目が17日にあった。講師の宮本倫明さんとスタッフの伊江 玲美さんは友達の友達は友達の輪!と、いうことで、知り合いですhttp://www.renri888.com/index.html今回も富士市にきてくれて、ありがとうございます! フォーラム終了後、お食事をしました。彼らの富士市の感想は、たくさん、おもしろいもの、いいものが散らばっている楽しいまち、だそうです。わんわん、がやがや富士市の観光活性化について、た~くさん言い合いました!「それいい!」「それ、おかしいよ~。だめだめ」なんて。次回のフォーラムも頑張りましょう!市民の声すいあげてください。
[PR]
by izumi-yworld | 2009-11-23 17:02 | 議員生活

公平入札の技能

富士教育訓練センターの経営者トップセミナーにお邪魔した。(14日)銚子市長から銚子の入札方法、決定額の出し方(計算)などお聞きした。必ずしも一番低価格のものが選ばれるわけではないそうだ。安全性、資金繰りなども考慮する。http://www.city.choshi.chiba.jp/keiyaku/
[PR]
by izumi-yworld | 2009-11-23 16:33 | 議員生活

身近な防犯・交通安全について

今泉地区で市民安全課担当者を招いての講演会。(13日)富士市では県下では減少しているのに特に増加しているのが自転車盗、次が車上ねらい。(なんで?富士市は車社会で自転車、自動車は重要な交通手段から?)振り込め詐欺も減少しているとはいえ、年間被害総額が4,154万円。よわみにつけこまれないようにしましょう。あわてそうになったときは、一呼吸おいて。深呼吸して、対応してください。

ドラッグには手をつけない!これは肝に銘じましょう。デートDVやパーテイーレイプに気をつけるために、アメリカの大学で自己防衛について学んだことがあります。●人のついだ酒は飲まない●自分のグラスはいつも手にもっている。もし、テーブルにおいて席をはずしたなら、そのグラスは2度と手をつけない。実際にドラッグレイプ被害者に話を聞いたことも、ビデオもみたことがあります。酒の中にドラッグをいれられ、頭も体もふらふらになり、大勢にかこまれて・・・。どんなときも自分の身は自分で守ること。

反射タスキをかけている人を見たことありますか?夜道にはいいアイテムです。ときどき夜、ウオーキングをするけど、暗くて道のでこぼこがわからず、よく転びます。(笑)これって、暗いからか、筋肉が衰えて足がよくあがっていないのかわかりませんねえ。
[PR]
by izumi-yworld | 2009-11-23 11:14 | 議員生活

広汎性発達障害の理解と対応~こころネットワークふじ

静岡県立こども病院 こどもと家族のこころの診療センターの山崎さんからお話をきいた。年代別支援のところがとても勉強になった。1回の講演ですべてを理解することはできませんが、「幼児教育」「こども発達&家族生活」の分野からいえば、障がいにあるないにかかわらず、ひとりひとりをよ~くみて、対話して、こどもたちにあわせていくことが大切だと思いました。プラス個性、特性(障がい)をしっているのがよいのだと思います。わがままにさせることと、相手にあわせることは違うことですよね。

私の大学院の恩師は障害の専門家です。http://www.fce.msu.edu/FacultyWebPages/Esther%20Onaga/Esther_Onaga.htmlだから彼女が専門家としてどう地域にかかわり、自閉症の子をもつ親としてどう関わり、そして教鞭をとっていたのか勉強させていただきました。でも、ほんの少しした身についていないので、これからもアドバイスをうけつつ、地域の声をききつつ、障がい分野の市政充実に努めていきたいと、あらためて思いました。

先生がプレゼントしてくれた本
Children with Disabilities Forth Edition, Paul H. Brookes Publishing Co.
[PR]
by izumi-yworld | 2009-11-23 10:40 | 議員生活

ひととき

e0070152_2019125.jpg先日、恵比寿ガーデンの広場で友を待ちながらカフェマキアートを飲んでいた。行きかう人たちを眺めならが、ただ、ぼーっと。とっても贅沢なひと時をすごしているなあ。と、感動した。感動するぐらいだから、今の生活に気持ちの余裕がない証拠。「めし・ふろ・ねる」の3拍子生活からは脱出しよう。
[PR]
by izumi-yworld | 2009-11-20 20:19 | 日々の出来事

市政への申し入れ

e0070152_19582094.jpg来月12月に市長選があるということ。(無投票になる可能性が大)来年度の予算編成の時期ということで、「市政に対する申し入れ書」を提出し、会派議員と市長と1時間ほど会談しました。おだやかに話ができました。(19日)


来るべき富士市長選挙に立候補するにあたり、未来ネットとして以下のとおり申し入れをいたします。

1.人権尊重にたった市政運営に努めていただきたい
2.少子高齢社会を見据えた行財政運営に努めていただきたい
3.市民自治が確保される市政運営に努めていただきたい
[PR]
by izumi-yworld | 2009-11-20 20:00 | 議員生活