<   2007年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

生命あふれるふるさとの水辺

下水道フォーラムが富士市で行われました。基調講演で富士常葉大学教授の山田辰美氏のお話を聞きました。富士市今泉は湧き水が多いところ。小学校のときはいつも川でザリガニをとって遊んでいました。沸き水が沸くところには、いろいろな生き物が住んでいると。ホトケドジョウ、めだか、ゲンジボタルなど。生き物が生きていくためには、土地開発や利用、その逆の雑木林の放置などもいきづらくなるそうです。水の汚染については、公害法の設置によって工業用水などからの汚染が少なくなってきている反面、家庭からでるざっぱいが問題になることも。

富士山(水辺ではないところ)にはヒメボタルがいるそうです。7種類もの蛍がいるとは知りませんでした。以前住んでいたインデイアナ大学ブルーミントン校は、もっとも美しいキャンパストップ10にはいります。夜、キャンパス内を歩くと、暗がりにばっ、ばって光るのです。蛍がたくさんいて、それはそれはロマンチックで美しい光でした。

水は生命の源、なくてはならないもの。ごみで外をよごさないなど、自分でできるよい環境づくりを日々実行していきましょう。

講演ありがとうございました。
[PR]
by izumi-yworld | 2007-10-30 22:39 | 講演・講座

会津若松市~建設水道委員会視察

e0070152_2361785.jpgふれあいタウン「水季の里」について視察をした。市が宅地分譲を行い、阿賀川沿いのの自然豊かな地域の多様な世代にむけて、持続的な地域コミユニテイ形成を図っている。80坪ぐらいの土地を一つとして売りに出している。市が主導とはユニークだ。トータル的に販売促進を考えて計画行動しているそうだ。実際に土地やよく売れている。地域の業者の支援をうけ(それまでには理解いただくためいろいろと苦労はあったようだ)行っている。

家の色調については、景観基準色が案内されていた。城下町でもあるし、景観を美しく保つことに取り組んでいる。いいこと。いいこと。富士市で土地分譲を市が主導してとは考えにくいが、景観を美しくする案はだせると思う。

自分が今、議員だからやたらと目につくのかもしれないが、議員の看板、ポスターがあちこちで目にはいる。美しいとは思わない。事務所や自宅以外の場所には一定期間(選挙3ヶ月とか1ヶ月前だけとか、年に一定の月だけとか)だけポスターや看板を出せるとか、もう少し規制すればいいと思う。大きく書いた人の名前や顔を毎日の暮らしの中でみたいと思いますか?

今までに美しいとおもった町並みはいろいろとあるが、景観を重視することは、品があっていい。イタリアでは、景観重視で外観に規制が多いから、家の中をとびきりおしゃれにする人が多いそうだ。実際、イタリアの友人、知人の家を訪れたが、インテリアが素敵。イタリアの友は外はいじれないから、中をいじりたくなるといっていた。e0070152_2384915.jpg
e0070152_2392747.jpg
会津鶴ヶ城のほとりは紅葉がきれいだった。
[PR]
by izumi-yworld | 2007-10-28 23:03 | 議員生活

会津駄菓子

駄菓子は暮らし、風土、生活の中から生まれる純粋な倭菓子しで風俗だそうだ。さっそく会津で姪に駄菓子をかった。だるま飴、とり飴、あんこ玉といっぱいの駄菓子。欲しくなって姪にやらないで、自分で食べた。(笑)いっつもそうなる。子どものときは、家の近くに3軒あり毎日駄菓子屋にかよった。これからお菓子は二人分買う。そうすれば、姪にあげられる。
[PR]
by izumi-yworld | 2007-10-28 22:24 | 文化・芸術

盛岡市~建設水道委員会視察

e0070152_21252048.jpg「花と緑のガーデン都市づくり」について視察をした。花の街として有名なカナダのビクトリア市と交流を進める中、盛岡市ではハンギングバスケットをアーケード、家などに増やす事業を行っている。現在508個あるそうだ。ちなみに神戸540個、宮崎399個と続く。花の水やりが結構大変そうだった。

バスケット作り、家の前を飾ることを楽しみする人たちがでてくることはいいことだと思う。そこで、私が質問したことは、ごみのポイ捨ては減りましたか?悩み相談、登校拒否、いじめなど減りましたか?生活空間を花でかざったら、きれいになるとよごしたくないようなあ。と思うのでは?花を大切育てることなどが浸透していったら、心がやすらいだり、いたわる心が育つのでは?と思う。そこまで、しらべたことがないそうだが。

富士市は通りの花壇にお花を植えたり、バラのオーナー事業などおこなているのだから、もっと市民に浸透していったら、すてきになっていくと思う。

鮭の川登りで有名で中津川で鮭がおよいでいた。e0070152_21254581.jpg

余談だけど。
ビクトリア市はシアトルから船で4時間ぐらいでいける。シアトルにいるとき、いったことがある。すっごくきれいなところでお花はいいなあと感じた。色鮮やかとはああいうことをいう。また、ほがらかな気持ちになってくる。視察をしながら、ビクトリアにいったときなど思い出し、またゆっくりと訪れたいと思った。
[PR]
by izumi-yworld | 2007-10-28 21:28 | 議員生活

青森市~建設水道委員会視察

e0070152_213892.jpg「コンパクトシティの形成について」視察にいった。市街地の拡大化による中心部の空洞化や大雪による負荷を考え、市の中心地を活性化する街づくりをおこなっている。1日の除雪は距離にして青森市から岡山市に及ぶほどになるという。雪を考えて街づくりを行うことが必須だそうだ。

青森市の中心街にはいると、結構、人があるいているなあ。と思った。青森駅の前には、ショップと病院がはいっているマンションがある。これはコンパクトシテイ計画のひとつです。郊外で生活していた高齢者が雪かきや、生活の心配がないように作られた。高齢者の女性ひとり暮らしが60%だそうだ。また、高齢者が住んでいた郊外の家は若い人や家族に貸しているそうだ。
郊外で子育てをしたいというニーズに応えている。

マンション横のビルには、食料品店、衣料品店がはいり(富士市のバピーみたかった)、また、男女共同参画センター、図書館などがはいっている。休憩場所はひろい空間で水車があり全面窓になっている室内には大きな木が植えられている。とてもリラックスできそう。こんな建物が近所にあったら便利だし、広場に一休みにいきたくなりそうだ。

図書館には、地下の食料品店での買い物を保管できるように冷蔵室がおかれている。この建物のある商店街は活性化しているようだった。便利だし、人と交わる空間があっていいと思った。

富士本町、富士駅前ににこのような建物があったら活性化するのでは?と感じた。小さなショップやスーパーも駅の近くになるし。吉原本町は、もう少しユニークにしたらいいと思う。吉原宿となのつくように、富士市の古きよき時代の趣をだし、また外国の店などもあるのだから、他民族的エッセンスがはいると楽しそう。
[PR]
by izumi-yworld | 2007-10-28 21:07 | 議員生活

いい空気が流れている

ふわっとしていて、気持ちよくて
ずっしりしていて、安堵感があって
すかっとしていて、さかわかで

とってもいい空気が流れている


何ひとつ形にはみえないけれど
こころの底から充実感がある

ありがたい
今、ここに存在することがありがたい by Izumi Yamashita
[PR]
by izumi-yworld | 2007-10-22 23:21 | エッセー

富士市の財政~チャレンジ改革7

チャレンジ改革7(新人議員の集まり)で今回は富士市の財政について勉強会をした。予算の種類、内容、編成、地方交付税と財政力指数などなど。議員になり、予算書の見方など、数字を理解するのに時間がかかっている。わかったと思うと、また次の疑問がそして、わかったと思うと、次の・・・。この繰り返しである。もっと財政について研修しようということになり、次回の勉強会も財政についてになります。

数字につよくなろう!はい!
[PR]
by izumi-yworld | 2007-10-22 23:01 | 議員生活

箱根神社

e0070152_22281640.jpg箱根は私の大好きな場所。緑いっぱいで温泉があって、空気が澄んでいる。箱根神社を訪れた。九頭龍神社は古くから湖水祭・庭上の儀が執り行われてきた祭場だが、これを継承発展し、お詣りしやすいようにと願い、平成庚辰の年に箱根神社に建立された。

龍神はすごいぞ~!
甦りと活性化、そして救済があるといわれ、辰年(2000年)に新宮を建立したことは縁起のよい年明けだといわれている。

お祈りをし、ぱっと正面をのぞくと丸い鏡があり、自分の顔がしっかりと映し出される。ドキッとした。「自己に偽りはないのか?」と問われているようだった。e0070152_2231182.jpg

箱根神社内にはたくさんの神様が祀ってあり、お参りにも時間をたっぶりとっておかないと、全部お参りできないかも。宝物殿では、箱根の歴史とともに、数々のお祭りの意味がよくわかるようになっていて、興味をそそった。万巻上人がその昔、9の毒龍を調伏し水の神として奉ったことから、龍神湖水際が行われている。

友が箱根で挙式した。龍神パワーも手伝って、今まで以上に幸せな人生を歩みますように。ブーケをいただいた。ありがとう。次は私の番だ!食事は絶品だった。フォアグラとオマールえびの一品はひっくりかえりそうなほどおいしかった。オー・ミラドーのシェフは富士市出身とはしらなかった。
e0070152_22505770.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2007-10-22 22:46 | 文化・芸術

第27回市民福祉まつり

e0070152_22161591.jpg今年もにぎやかに開催されました。出店でたくさんの食べ物がだされています。ブラジル風串焼きがとってもおいしかったです!家族づれで1日遊べると思います。目的として、ノーマライぜーションの社会を目指しているのだから、これらのお祭りで知ったことが日常生活で当たり前な社会になるように。公共交通が使用しやすいとか、普通の学校に通えるとか、健常者、障害者区別なく一緒に遊べるとか。楽しいことばかりです。

知るからわかる。みるからわかる。触れるからわかる。一緒だからわかる。日常で活かせるように。
[PR]
by izumi-yworld | 2007-10-22 21:26 | 議員生活

古谿荘

e0070152_20261438.jpg富士川町にはネオバロック調の940坪の屋敷が1万6千坪の敷地内に建てられています。明治39年(42年完成)、宮内大臣、田中光顕伯爵が別荘として建てました。

とにかく中は広い。流行か石を使用するところをコンクリートで作成されてたり、ヨーロッパ調に床の間が左右同じに作られたり、サイドランプ式に部屋のかどに照明が付けられていたりしました。また、和式も洋式トイレを水洗でした。画期的です。

現在はまだ、補整が整っておらず、一般公開になるるには7年~10年先になるとのこと。美しい富士山も眺めることができます。観光に来た人たちが見学できたら、きっと大喜びすると思います。早く公開ができるように。そうか、予算をひねりださなくてはいけません。
[PR]
by izumi-yworld | 2007-10-22 20:26 | 文化・芸術