<   2006年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

グランドキャニオン~インデイアンの旅

e0070152_16383421.jpg17年ぶりのグランドキャニオンは、やはり壮大であった。ごった返している私たち観光客がご飯の上の塩ゴマに見えてくるぐらいにちっちゃくみえてくるのです。 

e0070152_16392442.jpg
e0070152_16404890.jpg

夕日(左)と朝日(右)を拝み、太陽、自然への感謝をささげました。
e0070152_1642884.jpge0070152_16423148.jpg

私たちの旅は時間のきまりがあるようでないような旅だったので、各自が気のすむまで、自然との対話、時間をとってくれました。朝日を拝んだ日はその場から離れがたく、2時間ぐらいたたずんでいたのでした。私たちグループのスイス人のヒーラーが歌いだし、チェロキーシャーマンも深い瞑想のあと、歌声を上げました。そして、私たちはそれに合わせて、身体でリズム(印)を刻むのでした。自然とのふれあいがこんなにまでも私たちの心の奥に、体中に壮大なエネルギーを与えてくれるとは。何もないのに、胸がいっぱいになる。これが自然との対話なのでしょうか。
[PR]
by izumi-yworld | 2006-06-30 16:57 |

セドナ~インデイアンの旅

旅の話を綴ろうと試みるのだが、思い返すと心も頭もいっぱいになって、何を書いていいのかわからなくなってしまう。こんなに気持ちが飽和状態になるのはひっさしぶり。私の思いはこのブログでは表現できないと感じている。でもトライするよ。夜中近くに道に迷いながら着いた宿、朝おきたら、すごい景観の中にいたのだと、びっくりした。
e0070152_11312110.jpg
セドナでアメリカインデイアンのBearcloudさんに会う。彼は、画家としてもすごい才能を発揮している。彼は、星の国?から使命をもって、この地球上に来たそうだ。愛と平和のために。絵はインデイアンの儀式や瞑想をしている時に浮かんだものを描いているそうだ。だいたい1年かけて作品は完成する。身近で作品をみると誰しもが感じると思うが、すごいエネルギーがみなぎっている。e0070152_11315397.jpg
彼はアイヌのシャーマンに、彼の絵を日本にもっていってほしい。とあげた。これで、世界が平和になる架け橋(絵を通して、よいエネルギーの道がアメリカと日本にできる)ができるからと。その横でチェロキーのシャーマンは喜びで涙をながしていた。

私も細かいことはよくわからなかったが、何かすごいことだと、身体中が熱くなった。

e0070152_11332422.jpgチェロキー族のシャーマン、シルバースターさんとベアクラウドさん。
e0070152_11523192.jpg
[PR]
by izumi-yworld | 2006-06-29 11:52 |

ルームメイト~インデイアンの旅

e0070152_2050128.jpg旅の参加者は年齢層もばらばらであったが、私は最年小者たち3人と一緒だった。ちゃんと部屋わりをしたわけではなく、なんとなくそうなった。20,21、23歳のとても感じのいい人たちだった。びっくりするほど、人への気遣いができている人たちで、私よりも精神年齢がずいぶん上なのだろうと思った。自分のことはしっかりと自分でやって、人への思いやりをさりげなく行動にうつすことのできる素晴らしい3人でした。私も彼女たちを見習わなくてはと思ったのでした。ルームメイトでいてくれてありがとう。
[PR]
by izumi-yworld | 2006-06-28 08:40 | 美しいひと

感謝をしめす~インデイアンの旅

今回、アメリカインデアンを訪れる旅は、行く場所ごとに自然に感謝を示す儀式がアメリカインデイアン式、アイヌ式と行われていった。フェニックスにつき、しばらく車を走らせ、まず第一回が。夜になり、真っ暗のなか円陣を組み、この地を訪れることの感謝をインデイアンのマラカスと歌声にあわせておこなわれた。すると、夜なのに、どこからか鳥たちが飛んできて、私たちを歓迎してくれた。鳥目って、夜はなにもみえないんだよね。どうして、飛べたの?これが、この旅で次々と出会う、不思議な出来事のはじまりであった。
[PR]
by izumi-yworld | 2006-06-27 18:07 |

I am back!

久々のアメリカから昨日戻ってきた。ほんの2週間の滞在だったが、なんと中味の濃い旅だったことか。アメリカインデイアンの地に行きたいと思ってから8年後の今、実現したが、今回がベストタイミングであったと思ってならない。コーデイネイター以外、誰ひとりしらない総勢21人の旅だったが、みんなで「私たちは過去生のインデイアンつながりで一緒に来たんだね。」と、納得した旅だったのです。それでなければ、何もない僻地まで一緒に旅などしないでしょう。ナバホ、ホピ族の人たちに会えた。

旅にはアイヌと、アメリカインデイアン、チェロキー族のシャーマンが一緒で、それはそれはいろいろな現象を目の辺りにした。これから少しづつ出来事をブログに綴っていきたい。
[PR]
by izumi-yworld | 2006-06-24 09:09 |

USA again

I am in the US now. I have visited my friend, school, zoo, etc. It is going to be very exciting to visit Native American reservation area tomorrow.
[PR]
by izumi-yworld | 2006-06-14 09:32 |

アルファロメオとパンダ

アルファロメオは、人と車が交流するため。そして、自己解放を可能にし、前向きで情緒的なことであると信じる人々のために作る。というポリシーのもとに作られていると、車検を待っている間に読んだ本に書いてあった。飾ってあるアルファロメオを何度もいいなあと、乗り込んで時間が過ぎていった。

そして、私の愛車パンダちゃんの車検が終わり、乗り込んだらすぐにエンジントラブル。これおかしいよねえ。車検出す前は調子よかったんだから。結局、パンダちゃんは店に預けて帰ってきたのでした。マイ パンダちゃんがアルファロメオにやきもちを焼いたのかもしれない。
[PR]
by izumi-yworld | 2006-06-08 21:53 | 文化・芸術

イオマンテーめぐるいのちの贈り物

アイヌの物語で、いかに命が尊く、敬うものかを熊と人間の関係を描き教えてくれる一冊です。

小さい頃仲良く遊んだ小熊を「カムイの国」(神の国)に行く時期がきたと、イオマンテ(くまおくり)をします。くまの毛をはぎ、肉を食べ、どきどきとしてしまう展開なのですが、最後は深い愛のあるお話であるなと、感動して涙のでてくる物語です。
[PR]
by izumi-yworld | 2006-06-08 21:38 |

猫やしきパート3

野良猫がとなりの家の庭の隅(死角になっていて、誰も気づかない場所)で子猫を4匹生んだ。我が家で野良大猫2匹は陣取り、そのうちオスは、我がもの顔で庭、玄関でくつろいでいる。家の中に入ろうと何度も試みる。今日は、風呂場の窓が少し開いていたら、そこから侵入をしてきた。あ~猫やしき。
[PR]
by izumi-yworld | 2006-06-05 21:33 | 日々の出来事

最近のお花

e0070152_19122898.jpg
e0070152_19124087.jpg
空気のきれいな場所でお花が咲いていました。気持ちのいい日でした。
[PR]
by izumi-yworld | 2006-06-04 19:14 | 自然