カテゴリ:美しいひと( 34 )

言霊~リーダーシップ

思想家 田坂広志さんの言葉を聞くといつもいつも胸が熱くなる。なんて素敵な方なのでしょう。

田坂広志氏×冨山和彦氏「混迷する日本に必要なリーダーシップとは」~G1サミット2010レポート~
http://www.globis.jp/1405-1
[PR]
by izumi-yworld | 2011-03-06 21:46 | 美しいひと

引き際

今年にはいってジェルネイルにはまっている。指先をきれいにしたら身のこなしももっときれいになるかなと思って。

さて、今、団体の役員をしていて、入退会の手続きの対応をしています。ある方は電話で、ある方は手紙、メールでご連絡をいただいています。引き際の態度にも人それぞれなんなのだと関心をしています。たんたんと、情愛をこめて、寂しさをただよわせといろいろです。

一度もお目にかからなかったけれど、さぞかし品格もあって多くの方々にしたわれ尊敬されている方なのだろうと感じる方もいました。ただひたすら謙虚に物事をかたり所属していた団体の成功を祈るというものです。この方は80歳をすぎているそうですが、このような素敵なおば様になりたいものです。できれば一度でいいからお目にかかりたかったです。

私は40代で気力も体力もありあまるぐらいです。だから前進、前進と元気です。ですが、ふと終了、終焉となるときの自分の所作はまったくどうなっているのか想像もつきません。きっとこれからの自分の生き方が形となっていくのでしょう。

怒涛のごとく、多くの人たちに会う日々ですが、このように会わずして感銘をうける人を知ることができたことは幸運です。感謝。この会(大学女性協会)の発展に頑張ろうと力が湧きました。
[PR]
by izumi-yworld | 2011-02-01 18:39 | 美しいひと

ゆるすことが大切です。

インディアナ州で学生だったとき、一人の女性に出会いました。Eva Mozes Korというユダヤ人です。彼女は小さな資料館C.A.N.D.L.E.S(Children of Auschwitz Nazi Deadly Lab Experiments Survivors)を開いていました。これは、彼女の体験を記す資料館(教育センター)です。

Evaは9歳の双子でした。ナチス支配下の戦争時、彼女たち、ユダヤ人の双子は強制的にアウシュビッツの収容所に監禁され、身体実験を日々されていました。たとえば、全身ペンキを塗りどれくらい生きていられるか?全身の血を抜き取ったらどうなっていくのか?双子であれば、身体的にほぼ同じであるから比較するにはちょうどよいと、殺されず(彼女たちの親姉たちは全員殺されています)、実験物として扱われていたのです。収容所では、番号で呼ばれます。彼女の腕にはそのとき焼き押された番号が残っていました。

Evaさんは、自らの悲惨な体験を通し、どんなにひどいことされても、許すことが大切。許さなければ幸せにはならないと力説していました。同じような体験をもった人たちには、なんで許さなければないないのかと、批判もされたようだけど、彼女は心が強いしやさしい人。どんどん許す輪が広がっていると思います。

そして、私に「あなたは、幼児教育の勉強をしているの?これは私の書いた子供向けの本。あげるね。これからも頑張りなさい」と1冊の本をくれました。あの時のEvaさんとの出会いは、胸がふるえる思いでした。(なんでそんなにやさしいんですか?)今もって涙がでます。

今日、戦没者追悼式、戦争展に参加し、Evaさんのことが頭に浮かんできました。

彼女の本”Little Eva &Miriam in First Grade” は翻訳して、日本に紹介しようと思っています。アメリカで夫、子どもがいて、力強い、やさしいおばあ様になっています。2006年に会いたくて訪れたけど、連絡がつきませんでした。今も健在なはず。
[PR]
by izumi-yworld | 2008-08-15 22:08 | 美しいひと

100匹目のサル現象

私は世の中をよくしたい!世界中の人々が幸せになってほしい!気持ちが暖かで楽しくなるようなまちで暮らしたい!

私の大好きな尊敬する友人、知人たちは、社会をよくしたい!と人がいい人ばかりである。有難い。彼らはよいエネルギーにみなぎっている。

科学ジャーナリストのほおじろえいいち氏によるコラムページ の「アメリカのサイキックな精神科専門医ジュディス・オルロフ博士」の文より。

「ポジティブなエネルギーを放っている人にはいくつかの特徴がある。それは、心温かく、思いやりがある。そばにいるだけで元気づけられ、もっと近づきたいと思わせる。本能的に安心し、リラックスできる。安らぎに満ちた輝きを放っている。そばにいると心が明るくなる。エネルギーを高め、楽観的にしてくれる…などです。」 

私はこの中の本能的に安心という箇所がとても気にいっている。本能は私たちの本質を問うものであるから、自分を信じた結果なのである。

私や友たちの想いを現実にさせるには、「100匹目のサル現象」を作り出せばいいのだと、船井幸雄氏が語っています。
http://www.funaiyukio.com/funa_ima/index.asp?dno=200604012

「想い」は「信念」であり「信頼」でもある。だから、自分を大切にし愛して自信をもって生きていきましょう。私は自分も人も全てを大切にする人たちと美しい輪を広げていきたいと思っています。

そうすれば、必ず楽しい暖かい世界になっていくと思っています。

(2006年12月に書く)
[PR]
by izumi-yworld | 2007-05-01 23:33 | 美しいひと

選挙選を終えて

e0070152_11105564.jpg感無量!自分の想いだけで「立候補する!」と進んできたけど、結局は自分の力など何ひとつなく、家族や友、知人たちの愛深い支援が私「山下いづみ」を当選させてくれたのだと、しみじみと感じました。

後援会活動から選挙活動と多くの人たちが応援をしてくださいました。
立候補して、本当に本当に良かったと思っています。
それは、私の生まれた世界には「無償の愛」が存在するのだと、教えていただいたからです。

今日5月1日から本格的に議員活動の始まりです。

私の当選に歓喜の声、涙を流して喜んでくださった方々の尊い愛を支えに、頑張っていこうと思っています。

2273人の期待を喜びに変えて、すべての富士市民が幸せに、富士市民の幸せが世界中に飛び火するように、市議の仕事に精進していきます。

本当に支援をしてくださった方々には感謝の気持ちでいっぱいです。
人の力、愛の力が集まるとすごいことがおきてしまうのです。
それなしには、富士市議会議員 山下いづみは存在しないのです。
[PR]
by izumi-yworld | 2007-05-01 15:55 | 美しいひと

いい顔をした男のひと

友の男ともだちはひとつの共通点がある。みんな「いい顔」をしている。いい顔ってハンサムとかそういうのではなく、人柄からにじみ出る「いい顔」をしているのだ。謙虚で優しい感じ。私はどちらかといえば、きれいな顔をした人が好きなのだが、いい顔をしている人が心が和むしいいなと思う。

まずは、自分からいい人にならなければ、いい顔の男ともだちたくさん作れないか。

女の人の「いい顔」?
女子高出で、女が圧倒的に多い職種についている私からみると???????
よくわからない(笑)いちいち考えたことなかった。ま、さばさばしている人のほうが、付き合いやすいし、楽しいかな。私はそれがいきすぎて、がさつといわれることもありますが。

いい人になろう。もれなく「いい顔の男の人」がついてくる。
[PR]
by izumi-yworld | 2007-01-30 23:10 | 美しいひと

拍手

NPO関連で知り合った男性は、とてもすがすがしく頼りになる感じの人。圧倒的に女性の多い会で私たちの意見や感情論をしっかりと整理整頓してまとめてくれます。彼はひとりひとりの自己紹介のとき、とても大きく強く拍手をしてくれて、勇気をくれる感じで素晴らしいなと思いました。

ふと、自分はというと、いままでしっかりと拍手をしていなかったなと反省し、今では相手を想いしっかりと拍手するようになりました。教えてくれてありがとう。
[PR]
by izumi-yworld | 2006-09-26 14:03 | 美しいひと

女性よ立ち上がれ

「これからは女性が先頭をきって社会をよくしていくことが大切。女性が立ち上がれば僕みたいな男がついてくる。」

と、初対面の大学教授にいわれたのでした。教授はアメリカで学び帰国後、グローバルな視点からみれば「なんでそんなことが」と思うたくさんの理不尽なことを経験してきているので、私みたいな者を応援したかったようです。すごく親切に理論的にユーモアいっぱいにお話をしてくださいました。4時間たってもまだ話がつきないほどでした。

こんなラッキーなことがおこったのは、学会で「あなたにパワーを感じたの」と声をかけてくださった大学名誉教授の計らいからでした。

とても優秀で優しい人たちに出会えた幸運に感謝の気持ちでいっぱいです。これからも努力していこう。
[PR]
by izumi-yworld | 2006-09-26 12:20 | 美しいひと

久しぶり

久しぶりにスイスの友にあった。ここ10年ぐらい会っても、密に連絡をとりあってもいなかったけど、会ってみればいつも通りの居心地のいい空間。真の友には距離も時間もうめる必要もなく、なにも聞かずに丸ごと相手を信頼できてと、友の存在は偉大であると思ったのでした。ありがとう。
[PR]
by izumi-yworld | 2006-09-23 08:17 | 美しいひと

朗読会 in ポレポレ「真夏の夜の夢~一夜限りの出会いだけど~」

e0070152_20163738.jpg田口ランディ&月乃光司のトークショーとジョイント朗読会にいった。

普通ではないと社会でいわれ、問題人といわれている人々が朗読会に参加ということだったが、私は出演者全員が「とっても美しい目」をしていて、「あったかい気持ち」がある人たちだと感じた。抱きしめたくなるほど愛おしく、素敵な人たちだった。

世の中で「普通ではない」と判断する基準はどこにあるのか?私は平凡で普通な生活をしていてえ・・・・とか、視点のさだまらない目をして普通を主張されるほど、恐ろしいものはない。

ゲスト:アイコ、村松恒平、藤本由香里、切通理作、雨宮処凛、アキラ、タダフジカ

美しい一夜をありがとう!e0070152_22135932.jpg
[PR]
by izumi-yworld | 2006-08-27 09:39 | 美しいひと