カテゴリ:講演・講座( 93 )

「小中学校へのお茶の導入ポイント」研修参加

日本茶インストラクター・アドバイザーのための「小中学校へのお茶の導入ポイント」研修をうけてきました。主催:日本茶ニュービジネス育成強化運営協議会 後援:公益財団法人 日本茶業中央会
ポイントとして、学校教育の中で「お茶」を活用するためには、食育の基本知識、小学校教育に関する基本知識、日本茶インストラクター:アドバイザーの活動ノウハウがそろうことがよいとか。

今、お茶ばなれが進んでいるといわれている中、学校給食の中でお茶(食・飲)を充実させることと、学校の中で子供たちがお茶の淹れ方を体験する場を作ることが、私たち大人が子供たちに日本の生活文化、健康、人との関係をホッとに築く術を伝えることができると思いっています。富士市には茶畑があるんですよ。そこの子供たちが本物のお茶の味をしらない。淹れ方をしらない。そのようながっかりするようなことになりませんように。

国 平成23年4月 「お茶の振興に関する法律」
http://wkp.fresheye.com/wikipedia/お茶の振興に関する法律

e0070152_22192494.jpg

e0070152_22443984.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2016-02-14 22:22 | 講演・講座

ワクチン学習会

ワクチンの学習会に参加。定期接種と任意接種となっている両方とも、受ける義務はありません。したがって、国ではうけなくてはいけないということを一切うたっていないそうです。このようなワクチンの学習会で勉強をして、ワクチン接種を自分、家族で決めていくことが必要です。
特定非営利活動法人コンシューマネット・ジャパン
http://consumernet.jp
[PR]
by izumi-yworld | 2015-10-30 13:05 | 講演・講座

グリーンコンシューマー(環境を大切にする消費者)になろう

富士市にて、静岡県地女連研修会 レデイースフェスタ2015がありました。
環境カウンセラーの服部乃利子さんの講演「グリーンコンシューマー(環境を大切にする消費者)になろう」でした。
講演では、1分間水道の水を出しっ放しにすると12Lの水が無駄になるということでした!母親は水をよく出しっ放しにして、冷蔵庫をあけたり、掃除したりしているので、よく注意をするけど、なかなかなおりません。自分が料金を支払っていないからだとは思うのですが、水はただではないぞ!!
それに、地球規模で水は不足しそうなのです。また、母親にいっておこう。

買い物の10原則は以下に添付しました。
http://www.kankyoshimin.org/modules/activity/index.php?content_id=57
[PR]
by izumi-yworld | 2015-10-30 13:00 | 講演・講座

今年の富士市夏期大学

年をとったら、ばば色、じじ色の服はきないで、明るい色を着ましょう!俳優の藤田弓子さんが講演の中でおっしゃっていました。うん、うん、そう思います!70代の女性でわ〜なんて美しいおばさま、と、最近出会う人たちは皆さん、綺麗な色の服をきています。生き生きしています。その場も明るくなって、気持ちのよい空間です。

今日の富士市夏期大学では、藤田さんの講演の他に「萩の会」「ミモザの会」の合唱も会場に色をそえていました。男性陣、いい声してました〜♡もちろん、女性も☆

e0070152_22314443.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2015-07-05 22:32 | 講演・講座

静岡市ひきこもり地域支援センター開設記念講演会

静岡市グランシップにて。静岡市ひきこもり地域支援センター開設記念講演会
長期・年長のひきこもる人への理解と支援ー「多元的支援」「ネットワーク支援」への道ー 竹中哲夫氏 を聴いてきました。100名の会場はほぼ満員。(6月13日)

静岡市ひきこもり地域支援センター
http://www.city.shizuoka.jp/626_000019.html
[PR]
by izumi-yworld | 2015-07-05 11:09 | 講演・講座

デンマークの働き方

大きな組織で働くか、小さな組織で働くか
~タレントマネジメントを活かす北欧デンマークの働き方~

デンマークの学生市議会議員の話しを聞きたくて参加しました。日本と教育の仕組みが違うことが一番。そして、議会運営も違いますね。今度はこのテーマで話しをきいてみたいです。

http://fino-inc.com/外務省のシャイン・ウィークス公式サイドイベ~/

e0070152_817071.jpg


<パネリスト>
・千葉 忠夫氏(NE.バンクミケルセン記念財団理事長)
・シイナ W.ソオンセン氏(元市会議員、保守党)Signe W. Sørensen
・ラッセ H.ピータセン氏(現市会議員、社会民主党)Lasse H. Petersen
・塩村 あやか氏 (現都議会議員、みんなの党)
<コーディネーター>
・鈴木孝枝(フィーノ株式会社 代表取締役)
[PR]
by izumi-yworld | 2014-09-20 08:20 | 講演・講座

補助犬

補助犬には盲導犬、介助犬、聴導犬と3種類います。静岡県では10頭分の予算がついているそうで(それ以上必要な場合で補正予算で可能)、全国的にみて進んでいるそうです。盲導犬のイスまでの誘導の仕方もみました。イスにあごをのせて、ここにイスがあるのだと知らせていました。盲導犬ではなく、他人が障がい者の方を誘導するときは、お年寄りを誘導するときなど両手をもって誘導しますが、あれは不安になるそうで、「手びき」といって、片腕をつかんでもらって、一緒に歩いていくことが安心感を得るそうです。学ぶ事多し。

NPO法人静岡県補助犬支援センターの川口さんにお話をききました。
http://hojoken.canariya.net

e0070152_22544487.jpg


富士市であまりみかけませんが、盲導犬のお仕事を邪魔にしないようにすることなど、子供も大人も知っておいた方がよいと思いました。もちろん、盲導犬をいじめることは言語道断です。

補助犬への4つのお願い
1。さわらない 2。見つめない 3。犬に話しかけない 4。食べ物を与えない

身体障害者補助犬法
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/syakai/hojyoken/html/a01.html
[PR]
by izumi-yworld | 2014-08-29 22:55 | 講演・講座

女性の発想が静岡茶の未来を創造する!!

静岡県はお茶の街です。県のお茶振興についての公開講座に参加しました。
http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-340/documents/leaflet0203.pdf
物心ついた頃から、緑茶は毎日飲んでいて、香り好きで、中国の茶器もお茶も親しみ深い。パネリストの方々をみて、これで、参加しないでどうするの!自分の大好きなもので、静岡が元気になるのなら、とことん元気にしていきたい!!

3名のパネリストはそれぞれに自然体で率直で魅力的でした。
株式会社アクト・フォ 代表取締役 太田めぐみ 氏
森内茶農園 森内真澄 氏
中国車専門店 萬千吉茶坊(まちきちさぼう) 勝又綾子 氏

コーディネーターの力強さはとっても良かったです。
タガワ・コンサルティングオフィス代表経営コンサルタント 田川由美子 氏

はじめに、お茶とアロマと音楽のイベントを企画しようと思います。
[PR]
by izumi-yworld | 2014-03-03 18:49 | 講演・講座

消費者教育〜生活やものづくりの学びネットワーク

静岡県内の中高校の先生たちがメインの勉強会がありました。静岡大学の色川卓也先生による講義です。消費者教育というと、悪質商法やクーリングオフをイメージされる方がいるかもしれません。購買も含めて、生産や廃棄・再利用にいたる環境問題にまで発展をしています。

60年代 商品の安全・品質問題
70年代 +販売方法や契約・解約問題
80年代 +資産形成問題
90年代 +環境問題      (色川卓也 資料より)

今回、沢山の資料をいただきましたが、中学校の家庭分野「身時かな消費生活と環境」副教材を静岡市独自で作成されているものもありました。地元の静岡大学の先生、中学校の先生の協力で作成されています。

静岡市 中学校副教材 エブリデイ消費者!
http://www.city.shizuoka.jp/deps/shouhi/hukukyouzai.html

小学生の頃、おこづかい帳をもっていましたが、このマネーノートはひと味ちがいます。買う前に考えるよう工夫されています。

柏市 小学校副教材 マナブーのマネーノート
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/059000/p001186.html
[PR]
by izumi-yworld | 2014-01-14 22:33 | 講演・講座

2013年度 五井平和財団フォーラム「平和の文化を生きる」

2013年度 五井平和財団フォーラム「平和の文化を生きる」が開催されました。
http://www.goipeace.or.jp/japanese/ho/2013/forum_01.html

このフォーラムでは毎年、若者たちのメッセージのコーナーや平和賞を受賞した方々の講演があります。若者たちのメッセージでは、国際作文コンテストに最優秀賞をとった子供たちの朗読が聞けます。彼らの柔軟な頭とまっさらな心に、学ぶことが多く、凝り固まった頭とかたくなになった感情がほぐされます。今年作文コンテスト応募は157カ国、15,000点以上だそうです。

作文、講演をきくと、平和への道は「暴力」「圧力」「戦争」などでは達成しないのだと心を強くします。

当日の動画をご覧ください。
http://www.goipeace.or.jp/japanese/activities/8-1.html
[PR]
by izumi-yworld | 2013-12-05 14:55 | 講演・講座