デリースラム街~インドの旅

貧困を越えた貧困の中で生活している人たちが大勢いる。世界中からNGOメンバーがきて作った彼らのための住む場所がある。人ひとりと通れるぐらいの細道を挟み、ちっちゃな(畳2畳ぐらい)小屋がつらなっている。牛、人が隣あわせに暮らしている。細道にはにごり水がたまっている。にごり水が足につき、思わず「あ~やだ。きたない」としかめっ面してしまう私はまだまだ未熟。なさけない。

インド政府が浮浪者同然に暮らす人たちのために、アパートを用意しても、多くの人は、また、その部屋を売って、元の場所に戻ってしまうそうだ。
e0070152_21503826.jpge0070152_21513227.jpg
どこにいっても、子どもたちは満面の笑顔でよってくる。偉大な魂だ。
[PR]
by izumi-yworld | 2008-05-17 21:52 |
<< 旅のおわり~インドの旅 孤児院~インドの旅 >>