「小中学校へのお茶の導入ポイント」研修参加

日本茶インストラクター・アドバイザーのための「小中学校へのお茶の導入ポイント」研修をうけてきました。主催:日本茶ニュービジネス育成強化運営協議会 後援:公益財団法人 日本茶業中央会
ポイントとして、学校教育の中で「お茶」を活用するためには、食育の基本知識、小学校教育に関する基本知識、日本茶インストラクター:アドバイザーの活動ノウハウがそろうことがよいとか。

今、お茶ばなれが進んでいるといわれている中、学校給食の中でお茶(食・飲)を充実させることと、学校の中で子供たちがお茶の淹れ方を体験する場を作ることが、私たち大人が子供たちに日本の生活文化、健康、人との関係をホッとに築く術を伝えることができると思いっています。富士市には茶畑があるんですよ。そこの子供たちが本物のお茶の味をしらない。淹れ方をしらない。そのようながっかりするようなことになりませんように。

国 平成23年4月 「お茶の振興に関する法律」
http://wkp.fresheye.com/wikipedia/お茶の振興に関する法律

e0070152_22192494.jpg

e0070152_22443984.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2016-02-14 22:22 | 講演・講座
<< Thank youランプ? ワイン講座は大満足! >>