災害ボランティア 

富士市フィランセにて、災害ボランテア支援本部開設訓練がありました。(1.31)語学ボランティアとして参加。災害時に流れる言葉は必ずしも日常使用している言葉ではありません。特に外国の人たちにはわかりずらいでしょう。それで、日本語をもっとやさしい日本語に直す作業をしました。他にポルトガル語、英語、フランス語等、翻訳して下さる方々が多数参加。別のブースでは手話ボランティア、家具やしめ隊ボランティア、炊き出し等大にぎわいでした。
興味のある方は、富士市国際交流ラウンジ 電話0545−64−6400まで

e0070152_2250741.jpg

e0070152_22532576.jpg

[PR]
by izumi-yworld | 2016-02-11 14:15 | 活動
<< 富士市消防視察 「怪奇映画」と「黒海の有毒プラ... >>